目の中のりんごって? - 外国生活 - 専門家プロファイル

奥村 美里
フェリシオンジャパン株式会社 ネイティブ英語環境 主宰・同時通訳
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目の中のりんごって?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
英語表現

こんにちは ネイティブ英語環境 奥村美里です。


先日、アメリカ人の友達のお母さんが日本に来ていたときに3人でお茶していました。
ニューメキシコ州に住んでいる孫の話になって


She’s the apple of my eye.


といったんですね。
なんとなく想像がつくかもしれませんが、「目の中にいれても痛くない」という意味だそうです。
りんごというのは、瞳のことをさしている、と辞書の説明にはありました。


最初 She’s the apple in my eye. ときこえて


「彼女は目の中に入れてもいたくないりんごみたいにかわいいのよ!」


と言っているのだと思って、


「りんごを目の中に入れても痛くないんだったら相当可愛いんだろうなあ」


と思ったら the apple “of” my eyeでした(笑


このように、大昔にやり取りがあったわけでもないと思うのですが、
なぜか日本語と英語で似ていることわざがたくさんあります。


覆水盆に返らず。 =It’s no use crying over spilt milk.
             こぼれてしまったミルクのことで嘆いても仕方がない。


一石二鳥  =Two birds with one stone.


知らぬが仏   =Ignorance is bliss.
 

ローマは一日にしてならず =Rome was not built in a day.


時は金なり   =Time is money.


火のないところに煙は立たぬ =There is no smoke without fire.


隣の花は赤い           =The grass is always greener on the other side of the fence.
            隣の家の芝生のほうがいつでも青く見える。


人は見かけによらない  =Don't judge the book by its cover.
   本を表紙だけで判断してはいけない。  

 

逆に英語らしいことわざ(表現)だな、と私が感じるのが「靴」関連のことわざです。

 

If you were in my shoes… もしあなたが私の立場なら・・・

put oneself in a person’s shoes 人の立場にたって考える


他人の靴をはく=他人の身になって考える 、というのが面白いですね。
ことわざは基本的に古くからあるものなので日本には「靴」に関する格言ってないですよね。


このような格言などもどのような格言がどういうシチュエーションで
よく出てくるかは、実際に、海外ドラマや映画などを見て
学ぶことが一番確実だと思います。

 

実際ネイティブの言っていることから学ぶと不自然な言い方は身につかず、
適切な状況で適切な言い回しができるようになります。
そういう観点からみてみるのも学びが深まりますよ。

1300人が話せた!英語習得の6ステップ登録は下記からどうぞ!(無料です)

http://outloud-english.com/landing_allab/


今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

今日があなたにとって特別に素敵な一日になりますように!


ネイティブ英語環境 奥村美里
http://www.nativeenglish-env.com/


 

このコラムに類似したコラム

一瞬で英語の怠け癖がなくなる方法とは? 奥村 美里 - 英語講師(2012/03/06 05:00)

「英語ペラペラ」、3つのコツ 奥村 美里 - 英語講師(2012/02/03 06:00)

アメリカ人が日本にきてびっくりしたこと! 奥村 美里 - 英語講師(2011/11/26 06:00)

不況の今こそ英語を学んで欲しい理由とは? 奥村 美里 - 英語講師(2011/01/12 08:00)

これは驚く!! アメリカ人の習慣 奥村 美里 - 英語講師(2010/09/01 19:00)