フルーツが隠し味!家族全員で楽しめるスパイシーカレーの作り方 - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フルーツが隠し味!家族全員で楽しめるスパイシーカレーの作り方

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理

こんばんは、高窪です。
今日は朝は曇天でしたが、午後からは太陽も顔をのぞかせて蒸し暑い一日でした。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、こう蒸し暑いと食べたくなるのが、さっぱりしたお料理。
そして、それと双璧をなすのが、スパイシーなお料理です。

小さなお子さんがいらっしゃるとなかなか辛いお料理を作るのは難しいかもしれませんが、カレーならというご家庭も多いのではないでしょうか?

カレーを作る時にポイントとなるのが、玉ねぎの炒め方。
少し多めの油を使い、強火でいためると20分ちょっとで茶色~飴色になります。

もうひとつ、自然な甘さをつけるのに使うといいのがトマトとフルーツ。
フルーツは甘さだけでなく酸味もバランスよくあるほうが美味しく出来上がりますので、たとえばバナナで甘味をつけるときはマーマレードなどを加えると甘さの中に、引き締まった酸味も加わり、全体的に味がととのいます。
また、キウィフルーツをすりおろして加えても、甘さと酸味のバランスがよいです。

きちんと玉ねぎを炒める手間をかけるのであれば、カレーパウダーを使うとより本格的な味に。
カレーパウダーも1種類ではなく、2種類をブレンドして加えるとさらに複雑さが増します。

もちろん、自分の好みにスパイスを調合するのが一番ですが、まずは固形ルーからカレーパウダーに変えてみるところから始めてみましょう。

これからの暑い時期、カレーを作る時には是非とも参考になさってみてくださいね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

鶏のフリカッセに思うこと 塚本 有紀 - 料理講師(2011/10/26 23:51)

家庭ならではのおもてなしは… 高窪 美穂子 - 料理講師(2010/11/15 23:00)

自然な味わいの昆布の佃煮 高窪 美穂子 - 料理講師(2010/08/08 23:00)

心地良い満たされ方① 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/10/23 20:58)

武蔵野農園コミファーム 黄 惠子 - 料理講師(2013/07/30 06:00)