住宅ローン選び - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン選び

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

今住宅ローンの種類の中で一番金利の低いものが変動金利の商品になります。不動産会社はいつの時代も金利の一番低いローンを勧めてきます。特にお金に余裕のない方に対して。

変動金利は6ヶ月に1回金利の見直しがあり、5年に1回返済額の見直しがあります。よって、今のように低金利の時に変動金利を選ぶと金利上昇しリスクを抱えることになります。そのリスクを考えると多額の住宅ローン(借金)で借金の完済期間を長期で考えている方には向いていません。

不動産会社の営業の方は「金利が上昇したら、固定金利に変更すればいいのです。」と言うかもしれませんが、そのトークに騙されてはいけません。なぜならば、金利が上昇する時には長期金利から先に上昇するからです。みなさんが気付いたときには長期の固定金利はとっくに上がっているのです。長期の固定金利が上昇する前に変更はかなり難しく、その上、変動金利から固定金利に変更する場合には、通常、他の金融機関から借入れをされたほうが金利が低くなるので一般的には他の金融機関への借換えになり、抵当権設定登記料などの諸費用がまたかかってきます。よって、金利が上昇したら、変動金利から固定金利に変更するというのは得策ではないのです。

お金面でみれば賃貸が良いのか、持ち家が良いのかについては経済情勢によるため「わからない」が答えになります。不動産会社にうまく乗せられないようにしてください。住宅購入は大きな買い物です。あまり無理をしない範囲で検討していきましょう。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

昨年秋、史上最低水準を更新中だった住宅ローン金利 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/19 22:24)

フラット35がいい?それともミックス? 最適なローンの組み方は? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/01/03 12:00)

家を買いたい人のマネーセミナー 9月18日開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/09/11 10:00)

◆◆◆消費税増税間近?今こそ考えたいマイホーム◆◆◆ 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/27 16:08)

住宅ローン、変動金利or固定金利? 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/17 14:01)