合併で私が経験した事(1)−もっとうまくできたはず - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

合併で私が経験した事(1)−もっとうまくできたはず

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験
 私は在籍していた会社で合併、M&Aを二度経験しています。どちらも人事関連事項の統合作業にかかわりましたが、この経験を通じて私個人としての思いは、“合併なんてしないで済むならしない方が良い”ということで、残念ながらあまり肯定的な気持ちではありません。

 確かに会社の規模は大きくなり、企業データの見かけは良くなりました。経営的なメリットはたくさんあったと思います。しかし、社員の視点で見ると現場の帰属意識は低下し、たくさんの人材が流出していき、良い部分と捉えていた社風も制度も行事も、いつの間にか消えていきました。業務内容や待遇も、劇的に改善するわけではありません。大切なものを沢山失ったのに、それほど多くのものを得られたとは思えず、人事の仕事にたずさわる者としては、とても寂しい思いでした。

 企業経営の中でM&Aという選択肢を取らなければならない場面は、どうしてもあるのだと思います。ただ、その時に一番負担がかかるのは、実は現場でがんばっている社員なのに、そこへの配慮が希薄なことがとても多いように感じます。

 私が統合作業にかかわる中で、“もっと社員を前向きな気持ちにさせながら進めることが出来るはずなのに”と思うことがたくさんありました。合併や経営統合によって発展したとされる会社でも、内部で起こっていることやマイナス情報は、あまり表に出てきません。しかし、本当の意味で合併が成功したというためには、実際に働いている社員たちが心から成功だったと思えることが、一番重要ではないかという気がします。

 これから数回に分けて合併、M&Aの中で実際に起こったこと、経験したことなどを、自戒も含めて書いていこうと思います。合併でなくとも、内部的な組織統合や新組織の立ち上げでも同じようなことはあると思いますので、是非お付き合いいただければと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム