ウェブ解析用語集:画面解像度(スマートフォンは要注意) - アクセス解析・効果測定 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウェブ解析用語集:画面解像度(スマートフォンは要注意)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. アクセス解析・効果測定
ウェブアナリストの視点 ウェブ解析用語集

ウェブ解析用語集:画面解像度(スマートフォンは要注意)

環の小坂です。

アクセス解析で出てくるユーザの環境分析ですが、
先日コラムに書いた「ブラウザ」分析以外に、
「画面解像度」「OS」があります。

ブラウザは先日書いたようにサイトによってシェアは大きく変わります。
ユーザ属性により使うブラウザは大きく変わるためです。

画面解像度はブラウザに比べるとサイト毎の違いは少ないですが、
世の中の変化により変わっていく指標でありますので、
継続的に継続することでわかることは多いです。

画面解像度というのはPCや携帯端末の画面解像度です。
縦幅・横幅を知ることで、サイトデザインをする際に、
横幅の設定やコンテンツのボリュームを考える際に使います。

携帯端末については特に重要になります。

・スマートフォンは要注意

また、最近はスマートフォンやタブレットが登場していますが、
これらは要注意です。

まず、iphoneやipadは縦横に回転させることで、実際の表示のされ方は変わりますが、
画面解像度は縦の場合が表示されます。
しかも実際の表示は画面サイズに合わせて縮小されますので、
PCと異なり、画面解像度をはみ出した場合に表示されないわけではないです。

アンドロイド型の携帯やタブレットはもっと要注意です。
どちらも解像度は正確に出ません。
PCでの表示画面に合わせて解像度が出ますので、
実際の解像度よりもかなり大きく出ます。

上記のような状態ですので、スマートフォンやタブレット型のシェアを知りたい場合は
画面解像度ではなく、OS分析でそれぞれのシェアを把握するのがよいです。

ただ、これもアンドロイドの場合、全て「アンドロイド」になってしまうので、
正確に把握するのは現状では困難です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブアナリストの視点」のコラム

このコラムに類似したコラム

2012年はどうなるか?(ウェブ) 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2012/01/04 19:18)

スマートフォンの影響増大とアクセス解析の注意点 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/10/21 18:08)

アクセス解析:ブラウザシェアをどうみる 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/05/20 15:08)

解析を味方につける!(Ameba編 ①) 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/11/27 07:00)

Internet Explorer6(腐った牛乳)はなくなるのか? 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2012/05/15 15:31)