アンチエイジング~クマ~ - しつけ・身だしなみ全般 - 専門家プロファイル

中井 ちえか
株式会社フェアウィンド ビューティー事業部 責任者
兵庫県
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:しつけ・身だしなみ

本多 里江
本多 里江
(パーソナルスタイリスト)
中井 ちえか
(イメージコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アンチエイジング~クマ~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. しつけ・身だしなみ
  3. しつけ・身だしなみ全般

長時間のPC操作や寝不足、夏冷えなどが影響し、お肌が疲れると、

メイクをしてもどんよりしたままです。



どんより顔要因の一つ、クマ!!




これまた厄介です。くすみ同様、クマもお顔の印象を暗くみせます。






クマについて。





●クマの約7割を占める「青クマ」

目の周りの皮膚はとても薄く、多くの毛細血管が存在します。

寝不足や疲労、ストレス、冷え、生理などによるホルモンバランスの乱れなどで、

血行不良が生じると黒ずんだ血液が流れ、青黒く透けて見えてしまいます。





●寝不足でもなく、冷え症でもないのにずっと消えない「茶クマ」

寝不色素沈着、摩擦、アレルギー、紫外線の影響により生じるのが「茶クマ」。

青クマが長く生じると、茶クマになってしまうこともあります。





●老化により眼の下の脂肪が落ちて影になることで生じる「黒クマ」

生まれつきの骨格や老化により、目元の脂肪がたるんで生じるクマ。



自分がどの種類のクマのタイプかは、

明るい自然光のもと、ノーメイクの状態で鏡と向き合い確認してみましょう目






対策方法は。。。。。







●青クマ


血行を良くする目的で、ホットマスクをしたり、

洗顔時に人肌程度のぬるま湯と冷水を交互に使いすすぐ。


そして、美容液などをつけた、指がすべりやすい状態で、

あくまで優しく、軽く、つぼ押し&マッサージをすることです。



あとは、全身の血行不良も影響するので、体を温めてくれる生姜を食べたり、

ビタミンをしっかり摂るなどバランスの良い食事で、内側からケアすることも大切です。

タバコは厳禁です。






 ●茶クマ


色素沈着や化粧品かぶれが大きな原因なので、クレンジングを優しく丁寧に行うこと。



青クマの予防法も活用しつつ、アイメイクリムーバーを使い、左右に擦らず、

上下に優しくクレンジングしましょう。






●黒クマ



体質的な要素が強いため、予防するのはなかなか難しいのですが、

上記2つの予防法はもちろん、なるべくお肌の老化を防ぐことも大切です。

紫外線に気をつけるなど、しっかりスキンケアをしましょう。





メイクをする際には、コンシーラーやコントロールカラーでカバーしましょう♪

青クマ→オレンジorピンク系ベージュ
茶クマ→イエロー 

まずはこれが基本です。

 

 




このコラムに類似したコラム

美しいナチュラル眉毛を描く方法 本多 里江 - パーソナルスタイリスト(2014/09/27 11:57)

アンチエイジング~リンパケアの必要性~ 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/07/06 14:48)

ダイエットとセルライト 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/06/01 10:34)

フェロモンたっぷりメイク法♡~おフェロメイク~ 本多 里江 - パーソナルスタイリスト(2015/04/16 11:40)

ファンデーションの上手な選び方 本多 里江 - パーソナルスタイリスト(2015/01/21 12:28)