縮む 会社の福利厚生 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

縮む 会社の福利厚生

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
家計の基本(お金との付き合い方)

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 企業が従業員に提供する福利厚生の縮小が顕著になってきました。

 

 先週の日経新聞によると、社宅はこの10年で2割減、会社が金利を上乗せする社内預金の総額も3分の1に落ち込んだそうです。

 大手企業でも、自社が保有する厚生施設の見直しなど、社員サービスともいえる福利厚生の圧縮が進んでいます。

 

 企業が従業員にお給料とは別に資金提供する福利厚生費のうち、健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険関連費用などは「法廷福利費」と呼ばれるもの。

 

  一方、社宅や社員食堂、社内預金など任意の支出は「法廷外福利費」に分類されます。

 

 法廷外福利費が減っても、その分各人のお給料に反映されていくのならいいのですが、現実はそんな甘いものではないですね。

 

  会社頼みのライフプランを立てる時代は、過ぎ去りつつあるということのようです。

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

保険相談の個別面談はじめました 大澤 あきこ - ファイナンシャルプランナー(2012/11/26 23:56)

【時事解説:日経記事】「景気持ち直し「一服」9月日銀月報」… 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/23 20:40)

インフレへの対応策で最も重要な、保険料支出の見直し 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/24 10:00)

今なぜ、「男の家計術」か? 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2012/03/09 17:22)

最高更新の「平均寿命」 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/08/02 16:39)