今年の夏の暑さ対策と節電(3) - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

有限会社エストア 代表取締役社長
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

小林 勝郎
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)
中島 通泰
(ガーデンデザイナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年の夏の暑さ対策と節電(3)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
住宅事情 家・住宅について

前回【今年の夏の暑さ対策と節電2】の続き。


前回は窓周りに際して
【スダレ】【シェード】【グリーンカーテン】【オーニング】【パラソル】のお話をしました。

こうして考えるとどうしてカーテンやブラインドなど室内のウインドトリートメントではいけないのか?
という疑問が生まれますね。

これは効果が無いのではなく、効率が悪いと言う事なのです。

室内側でウインドトリートメントを施すと室内の僅かな部分ですが
窓とウインドトリートメントの隙間に熱気を引き入れることになり、
この熱気をエアコンで冷やさなければならなくなります。

また窓を開いてウインドトリートメントを使用すると空気の
流れがスムーズに行えなえませんので、
効率を考慮しますとウインドトリートメントだけでの対応は
前回までのアイテムを使用されることをお勧め致します。

ウインドトリートメントは
【スダレ】【シェード】【グリーンカーテン】【オーニング】【パラソル】等と併用し、
エアコンを点けますとエアコンの効きが良くなり節電効果が期待出来ます。


さて、節電と言いますとソーラーライトを思い出す方が多いかと思います。

そこで昨今のソーラーライトの動向は意外と不十分な事が多く、
震災前の弊社ではクレーム商品として認識される事が多い商材でした。

そうした現状は現在でも同様となり、
公共の標識等に採用されているソーラーライトは非常に高価であるため
一般への普及はまだまだの状況となります。

また、一般市場に出回っているソーラーライトの照明の強さは
ワット数でのご対応及びご案内はほぼ無く、
ほのかな明るさ等と言った表現になり、
実用的な明るさでは御座いません。

今後はこうした電力事情を背景に効率良く実用的なソーラーライトも市場に出回って来ると思いますが、
上記の事例を踏まえた上で十分検討してご購入頂けたらと思います。



節電の話は続きます。
続きは次回【今年の夏の暑さ対策と節電最終話】にて。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(エクステリアコーディネーター)
有限会社エストア 代表取締役社長

商品販売から施工まで、エクステリアのトータルアドバイザーです

3000品目以上の品揃えとオリジナル商品を取り揃えた「エクステリア専門サイト」を運営。商品の販売のみならず、エクステリア全般に関するご相談、施工に関するお問い合わせも承っています。住宅産業での長年の経験をもとに、最適なアドバイスをいたします。

カテゴリ 「住宅事情」のコラム

このコラムに類似したコラム

今年の夏の暑さ対策と節電 最終回 江藤 繁 - エクステリアコーディネーター(2011/07/11 14:06)

壁面いっぱいの窓が占めるサンルーム。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/07/06 06:00)

大きなドーマ付きサンルーム。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/06/08 12:00)

今冬季を乗り切る為にはインプラス(内窓)が最適です! 野澤 祐一 - インテリアコーディネーター(2011/12/05 15:18)

グリーンカーテンの朝顔 小木野 貴光 - 建築家(2011/08/13 17:45)