左官屋さんの仕事 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

左官屋さんの仕事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
赤塚の家
赤塚の家の外壁にモルタルを塗っています。仕事をしているのは左官屋さん。下地の構造用合板にラス網を貼り、そこにモルタルを2回塗っていきます。モルタルの厚みは約16mm。厚く塗られたモルタルには最後に塗装が施されます。
モルタルの外壁は割れやすいとよく言われますが、最近のモルタルにはわれ防止のための繊維が混入されているのでそう簡単に割れることはありません。
またサイディングはメンテナンスが不要だというような話をよく耳にしますが、サイディングというのはコーキングで止水をしているところが結構あるものです。コーキングのメンテナンスは5〜10年程度で必要になりますのでやはりメンテナンスは必要になります。
確かにゆれやすい構造の場合にはモルタルの使用は控えるべきだとは思いますが、左官屋さんの手仕事の風合いが楽しめるこの暖かみのある仕上げを、大切にしていきたいものです。

詳しくは
http://www.masuii.co.jp/index