新築から何年で塗装するのが最適? ~モルタル編~ - 外構リフォーム - 専門家プロファイル

株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役
神奈川県
リフォームコーディネーター
0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新築から何年で塗装するのが最適? ~モルタル編~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 外構リフォーム

一般庶民にとって、家は一生に一度の大きな買い物です。

特に新築となれば、かって数年はメンテナンスフリーで住める・・・と思ってしまいがちですが、実はそうでもありません。

何故かというと・・・コスト削減の為でしょうが、多くの建売住宅は、ランクの低い塗装をされている事が殆どです。耐久年数の目安で言うと、4~6年くらいでしょうか。

リフォームでは耐久性が10年って言うのは当たり前なんですが、新築は5年前後・・・。これってどうなんでしょうかね?コスト削減といったって、塗料の値段なんて、実際10万円程度の差でしょう。

数千万円の買い物をする時に、防水面において重要な役割を果たす外壁をそこまで削る意味があるのでしょうか?

 

しかも、工期短縮のため、外壁の吹き付けは、半日で終わらせなくてはなりません。その他の細かい部分をあわせても、2日が限界でしょう・・・これじゃ、まともな工事なんてできないですね。

とはいえ、なんだかんだ言って、表面的には、綺麗に仕上げるんですけど・・・。

問題は、半乾きのモルタルに塗装をしなくてはならなかったり、時間短縮のため、下塗りを抜いたりする事が横行している事です。もちろん、監督の指示でです。

新築って、なかなか、プライドを持った仕事ができないんですよ。だから、私は自分の意思で施工できるリフォームが好きですね。

少し工期が延びてでも、仕事に妥協はしたくありませんから。いつまでも、自分の仕事にプライドを持っていたいですね!

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / リフォームコーディネーター)
株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役

リフォームは誰がやるかが一番大事!

初めまして(株)トーシンリフォーム 代表の田中です!リフォームは人の手で作り上げるものです。どんなにいい材料でも、生かせるかどうかは、職人の腕次第なんです。トーシンリフォームは、腕利職人が丁寧な仕事をする事を約束します!

0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

2016年5月 施工実績 田中 徹正 - リフォームコーディネーター(2016/06/18 09:14)

足場掛けを要する工事 信戸 昌宏 - 建築家(2012/01/29 12:00)

屋根外壁塗装を火災保険で6 森 幸夫 - 代表(2015/04/30 08:26)

屋根外壁塗装を火災保険で3 森 幸夫 - 代表(2015/04/24 08:40)