ISO14001自己適合宣言にエコステージを活用すると効果的 - ISO14001・環境マネジメント - 専門家プロファイル

杉浦 則之
有限会社エコサポート 代表取締役
愛知県
ISOコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ISO・規格認証

人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
小林 和樹
(ISOコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ISO14001自己適合宣言にエコステージを活用すると効果的

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ISO・規格認証
  3. ISO14001・環境マネジメント

最近ISO14001の自己適合宣言をする企業が増えていますが
中小企業が自社のみで自己宣言をして維持していくのは、難しい部分があります。


もちろん、ISOを取得して何年も経っている企業は、スタッフもなれていますので
現状を継続していくことは難しくないのですが、環境活動を見直したり、さらにレベルアップして
いくことが、自社の力だけでは情報量が少なく難しくなってしまいます。


そこで、弊社がお勧めしているのが、自己宣言とエコステージ2との併用です。


エコステージ2はISO14001と同等の要求事項ですので、ISOのシステムを
そのまま移行することができます。


さらに、エコステージでは、評価員(審査員)が毎年の評価時に改善のための
アドバイスをすることができますので、お客様は、環境活動向上のための他社の事例や、
経営に役立つ環境活動をするための提案を聞くことができます。


さらに、弊社ではエコステージ評価と同時に、ISO14001との適合チェックを
して適合証明書を発行しますので、自己宣言がスムースに行えます。


さらに、エコステージ定期評価を内部監査として行うことができますので、
社員の方への内部監査の負担も軽減されてます。


ということで、ISO14001認証取得から、弊社がおこなう
ISO14001自己適合宣言+エコステージ2の認証取得に切り替えることにより

   1.ISO14001適合証明書の発行

   2.毎年エコステージ評価員からのコンサルティング

   3.内部監査の軽減


などのメリットがあります。

自己宣言をご検討される方は、ぜひエコステージの併用をすることをお勧めします。

このコラムに類似したコラム

審査員のご機嫌を取るISOはやめなければいけない 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2013/06/30 21:06)

中小企業におけるISOの内部監査とは? 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2012/09/10 09:45)

審査費用が安いだけのISOの審査機関移転は、やめた方がよい 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2012/03/13 14:35)

審査員は、自分の知っていることに関して、コメントしたくなる 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/10/04 15:18)

取得の要請があるから、ISOを取得する企業は意外と少ない 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/06/08 13:28)