マーケティングの原理原則 ~厳しい時代だからこそ~ - リサーチ・市場調査全般 - 専門家プロファイル

フードコンサルティング株式会社 マーケティングアドバイザー
東京都
マーケティングプランナー
03-3513-0140
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リサーチ・市場調査

東 美恵子
(リサーチャー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マーケティングの原理原則 ~厳しい時代だからこそ~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. リサーチ・市場調査
  3. リサーチ・市場調査全般
マーケティング 市場調査・商品企画

 リーマンショックから、ようやく立ち直りが見えてきた矢先の大震災。消費は少し戻ってきてはいますが、まだまだ低空飛行の状態ですね。

 弊社のお客様からも、先行きが全く見えない、もう新しいことには手をつけない方がよいのではないか、といったご相談をいただきます。

 しかし、御社だけ立ち止まったところで、世の中は確実に進んでいきます。例え、その歩みは以前よりは遅くなっているとしても、です。

 

 今のような厳しい時代ですが、その時代にあったマーケティングの原理原則は必ず存在します。その中に、進むべき方向性を見出せると思います。

 ここで原理原則を踏まえつつ、再び勇気と気概をもって一緒に歩み出しませんか。

 

<原理原則1:コンセプトを明確に>

 

・お客様の購買活動はより特別な機会となっていく

 不況もあり購入金額、利用頻度が減ってきているため、買い物をする時は、より特別で期待感が大きくなっています。よりシビアにお店選びをするお客様の選択眼に適っていますか?

・業態店から専門店の時代へ

  分りやすい、何を売っているお店か分かりやすいお店が選ばれています。あの店のあれが欲しい、あの人に会いたいと思われる店にならないと生き残れません。

 

 

<原理原則2:商品の差別化は必須>

 

・商品の差別化=トップ商品を持っているか

 この商品ならばあのお店に行きたい、あの会社の製品を使いたい、と思わせるトップ商品をお持ちですか?

 

 

<原理原則3:値下げではなく値ごろ感を打ち出す>

 

・苦し紛れの値下げは経営を圧迫するだけ

 商品力が伴わない安易な値下げは、単純に客単価が下がるだけで、決して客数は増えません。売上は下がり、そのうちコストさえ 賄えなくなってきます。

・お値打ち感の見せ方

 お客様が商品やメニューを見た時に、直感で感じる価格が大事です。アパレルならばジャケットを買ったらパンプスは半額とか、飲食店であればプリフィクスのようなセットメニューです。

 

 

<原理原則4:商品の見える化>

 ・商品の良さをお客様にどう伝えるか。

  「使ってみあれば分かる」では手に取ってもらうことさえままなりません。臨場感や特別感、お徳感をどう見せていくか。

 ・3Dブームは、新鮮さだけではない

  商品名から商品パッケージ、ボリューム、お店の外観、看板など、目につく所は大事です。演出も必要ですね。

 

 

 関連コラム

 成熟社会のマーケティングはどうあるべきか   http://profile.ne.jp/w/c-56547/ 

 「もしドラ」の流行に思うこと   http://profile.ne.jp/w/c-56750/

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マーケティングプランナー)
フードコンサルティング株式会社 マーケティングアドバイザー

答えは現場にあります。

大手商社では当事者として、コンサルティング会社ではクライアント様と同じ目線で取り組んできました。業績に直結する、結果の出るサービスをご提供します。

03-3513-0140
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マーケティング」のコラム

購買動機の本質とは(4)(2013/10/18 18:10)

これからの成長キーワード(2011/10/28 18:10)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 フードビジネス使えるメルマガ&メール相談

料金
10,000円

レストラン、食品販売、ホテル・旅館、食品メーカー、流通事業者向けに、
すぐに使える販促事例や人材育成ノウハウ、お手軽レシピ、業界トレンド、
マーケティング動向から新商品の紹介、助成金情報、法律相談まで、フード
ビジネスに必要なノウハウや情報、アイデアなどをメルマガで毎日ご提供
しながら、ご相談やお悩みについても、メールで具体的な回答をいたします。

フードビジネス使えるメルマガ&メール相談

このコラムに類似したコラム

私が個人的に経済指標としているものとは? 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/19 09:41)

高適性・少量生産時代はものづくり企業に道が拓かれます! 菓奈 毎美 - 経営コンサルタント(2012/07/04 20:20)

ホテル・旅館のケーススタディ(2)  城山観光ホテル 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2011/08/09 19:39)

「もしドラ」の流行に思うこと 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2011/06/29 11:44)

来年度マーケティング課題:近未来生活者像の探索とビジュアル化 原田 健二 - リサーチャー(2010/12/14 11:14)