ISO50001、正式発行 - ISO・規格認証全般 - 専門家プロファイル

人見 隆之
ISOマネジメント研究所 所長
ISOコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ISO・規格認証

人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ISO50001、正式発行

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ISO・規格認証
  3. ISO・規格認証全般

6月8日、国際標準化機構(本部:スイス・ジュネーブ)は、
ISO50001が、6月15日に正式発行したことを発表しました。
ISO50001とは、エネルギーマネジメントシステムの国際規格をいい、
組織の自主的な省エネ、省資源、CO2削減等を推進するための認証規格をいいます。

この規格の考え方のベースは、
「エネルギー管理は、トップ主導で進めるべき」という考え方にたっています。

具体的に、トップが考えるものとして、以下のようなものがあります。


1.エネルギー方針を確立、実施、維持する
2.管理責任者を指名し、エネルギーマネジメントシステム
    のチーム組織を承認する
3.エネルギーマネジメントシステムを確立、実施、維持し、
    改善するのに必要な資源を用意する
4.エネルギーマネジメントシステムの適用範囲と境界を
    特定する
5.エネルギー管理の重要性について、組織と対話する
6.エネルギーの使用目的と目標が確立され、確実に満たされる
    ようにする
7.これらのプロセスの運用と管理の両方が確実に有効である
    ために必要な基準と方法を決定する
8.可能ならば、長期計画にエネルギーの検討を含む
9.確実に結果が測定され報告されるようにする
10. マネジメント評価を行う


どのくらいの数の企業が、認証取得するかわかりませんが、
この規格は、省エネ法との関連が深いものですので、
エネルギーをたくさん使用する会社は、この規格を利用する価値はありそうです。


-----------------------------------------------------------------------
【下記のセミナーで当事務所が講演します】

『クラウドの誤解と活用法セミナー』申込み受付中

災害対策、業務効率化、経済産業省のクラウドサービス
情報セキュリティガイドラインへの適用方法、
世界中のベンチャー・中小企業が活用する急成長中の
クラウドサービスZohoとは?

開催日時:2011年7月21日(木)15:00-18:00
開催場所:ゾーホージャパン株式会社 横浜本社
詳細はこちら  http://cloud-cc.com/2011july21.html
-----------------------------------------------------------------------

このコラムに類似したコラム

ISO27001は情報セキュリティ対策のツール 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2010/12/01 11:08)

情報セキュリティは、業務改善とも大いに関係してくる 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2013/05/15 10:11)

審査員は、自分の知っていることに関して、コメントしたくなる 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/10/04 15:18)

リスクマネジメントの活用 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/07/05 14:18)

ISO27001における、情報セキュリティリスクの想定 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/04/02 10:08)