GPIFのずさんな年金運用 - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

GPIFのずさんな年金運用

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続

昨日、平成22年度、国勢調査の抽出速報集計の結果が
報じられました。

改めて細かくご説明するまでもありませんが、結果は、
日本=世界最高の少子高齢化国家
ということが、改めて実証されました。

日本の全人口に占める
65歳以上の人口=23%世界最高
15歳未満の人口=13%世界最低
そしてもう1つ、
先進国では最速ペースで進む高齢化国家です。

これが我が国の紛れも無い真実です。

そして、最悪なのはGPIFの大失態です。
GPIFとは、Government Pension Investment Fund の略で、
日本語では「年金積立金管理運用 独立行政法人」
皆さん、私たちの厚生年金、国民年金の積立金は、
GPIFが責任を持って運用しいることをご存知でしたか

しかし、その運用成績たるや、最悪です。
GPIFが選ぶ運用先は、国債、社債、株式、デリバティブ等々
さまざまな運用を行います。
その目的は、私たちが年金をしっかり受け取れるように
細かく取り決められた運用方針に従って、年金積立金を
増やしていくことが使命なのです。

しかし、しかししかし、最悪です。

この10年、リーマンショック等の市場の流れに飲み込まれ、
運用成績は悪化、運用利益で年金の支払いを補うことなど
到底できず、現在は120兆円の元本を取り崩しながら
年金の支払いを行っているのです。

これ、何気なく書きましたが、本当に危機的状況です。
GPIFの運用状況等を細かく見ていけば、今の現役世代が
将来年金をもらえなくなるかも・・・という話が、
いかに現実的なものなのかが判るでしょう。
ちなみに、年金の受給開始年令についても、どんどん
引き上げられることは間違いありません。

◎参考過去ログ→「私たちの年金はどうなる?」

既に、労働人口の減少等も重なり、
現在支払われている年金は、現役世代2.8人で
1人の高齢者を支える計算です。

年金制度が誕生した1955年当時は、
現役世代11.5人で1人の高齢者を支えていたのです。


当時、日本人の平均寿命男女共に60歳代でした。
つまり、定年後、約10年程の老後を年金でカバーできるように
設計されたのが、現在の年金制度の骨格です。

しかし、寿命は延び、社会構造は変革を遂げています。
なのに、抜本的な見直しもせず、昔の制度を今でも継続して
いること自体・・・・・
本当はとっくに気が付いているはずなのに、
一刻も早い改革が必要ですね。

私は、将来の子供たちのためにも、
世の中を良くするための増税や改革には、
是非賛同したいと考えております

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

自分年金は必須時代に「確定拠出年金」を理解しよう 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 17:36)

個人年金保険 金額設定の仕方 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/30 22:23)

ねんきん定期便の見方、注意点 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/17 16:03)

国民年金保険料納付率とは? 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/21 11:00)

国民年金保険料の払い方 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/09 14:24)