内言によるエレンコス(問答) 講座 ‐その6‐ - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年07月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内言によるエレンコス(問答) 講座 ‐その6‐

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

   (注)内言=無音の心の中の言葉、エレンコス=反駁的な対話や問答

書類(メモなど)、時間(腕時計など)、音楽(デジタルプレーヤー)、本(電子書籍)・・・。
現代は「デジタル」が大手を振って歩く時代です。
「アナログ」なるものは、すっかり影が薄くなってしまいました。

確かにデジタルは便利ですが、便利ならば「それでいい」のでしょうか?

**************************************************
「正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一」

正義に「理性」はつきものである。

例えば、
 ・むやみに生き物を殺めてはならない
 ・人のものを盗んではいけない
 ・弱いものを助ける
 ・姦淫はいけない
 ・際限なき奢侈は身を滅ぼす・・・などなど。

正義には(逆の意味で)「欲望」もつきものである。
 ・金が欲しい
 ・楽をしたい
 ・偉くなりたい
 ・美味いものが食いたい
 ・好みの異性をものにしたい・・・などなど。

下世話なものが入っていると叱られるかもしれないが、庶民感覚で正義をとらえてみたいのでお許し願いたい。

では本題。
(A)正義を考えるにあたり、理性は 最重要視すべきものか?
(B)正義を考えるにあたり、欲望は排斥されるべき「悪」か?

AだけYESですか?
BだけYESですか?
それとも2つともYESですか?

私の答えはちょっと違います。

理性と欲望を分離して考えると答えが形骸化してしまうと考えるからです。

では私はどう考えるか?
理性と欲望を分離させつつ、結合させて考えます。

つまり「理性と欲望が背反しあうと同時に互いに依存し合っている」・・・それが正義の立ち位置だと考えるのです。

「絶対矛盾的的自己同一」という言葉があります。哲学者、西田幾多郎の言葉です。
西田は、絶対の無とは絶対の有であると説きました。

ここで私が述べている「正義」は人間の問題ですから、私は「正義」を人間的に考えます。
人間には「理性」もあり「欲望」もある。
理性と欲望が同居しているのが人間だと考えます。

だから、正義を「分離させつつ分離しないで」考える。

えっ、難しいですか?
私には少しも難しくありません。

なぜなら、私には「理性」もありますが同時に「欲望」もあるからです。

自分の理性や欲望をじっくり観察してみると、「私の理性は私の欲望を裏返したもの」であり、「私の欲望は私の理性を裏返したもの」に見えてくる。

だから「分離させつつ分離しないで」考えるのが私にとっては自然なのです。

私は「理性と欲望は絶対矛盾的自己同一・・・理性と欲望が相互否定的に融合する場所に正義は存在する」と考えるのです。

(出典)
http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-46271/
**************************************************

「アナログ」に「正義」、関係ないだろ?・・って。
いや、関係あるのですよ、それが。

デジタルとは、「分割して」処理すること。
アナログとは、「つなげたまま連続体として」処理すること。

“ゼロとイチの組み合わせ”がデジタル、“つながったままのそれ”がアナログ。
つまり、「全体」を「個に分け」て「個として扱う」のがデジタルであり、全体を「個に分けず」に「全体として扱う」のがアナログというわけです。

これを正義の問題に置き換えて考えてみますと、
★ デジタル=正義を「理性は善、欲望は悪」と「分けて」考える
★ アナログ=正義を「まあ人間、理性もあるが煩悩も消せない」と「分けずに」考える

ほら、関係あるでしょ。

さあ、これから本題です。

内言によるエレンコス講座は、いわゆる「読み物」ではありません。
これは「思考の練習帳」です。
「自分に」問いかけ、「自分で」考えて下さい。

【ワーク1】
上の引用箇所を読んだ感想をノートに書いてみて下さい。

【ワーク2】
あなたは、完全な「理性だけの人間」になれますか?

【ワーク3】
あなたは、完全に「欲望を排斥する」ことができますか?

【ワーク4】
「理性しかない人間」もなれないし、「煩悩を完全に無にする」こともできないのに、正義を「デジタル的」に捉えることに違和感を感じませんか?

【ワーク5】
あなたは「正義」をどう捉え、どう考えますか?

(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 「<深く考える>序開き」の内容をコラム用に書き換え)

コピペご遠慮下さい
    無料利用の方法
 http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 

★コンプライアンス講演会 (日時随時追加)★
 昼休み コンプライアンス講演会 「cmp 001(シーエムピー ゼロゼロイチ)」 
 ランチの合間にふらっと気軽に立ち寄れる。
 事前申し込み不要、当日参加OK、途中入場/途中退出可、無料。
 詳細は http://profile.ne.jp/w/c-183886/


【コンプライアンス問題が起こった企業へ】
  コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかするために

本コラム筆者の指導を受けてみませんか?
 (1)
  倫理の本質」と「人間の視点による強烈な研修
    A.強烈研修 (社長・役員・取締役 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
    B.強烈研修 (管理職・リーダー) http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
    C.強烈研修 (全社員 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html

 (2)
  コンプライアンスを守るため 必要なのは「人間性の回復」と「人間力の強化」
   ◆  プラトン、カント、ヘーゲル 「人格」 http://www.pensee.co.jp/sercive/character.html
   ◆  ソクラテス、デカルト、ベーコン 「思考」 http://www.pensee.co.jp/sercive/philosophy.html
   ◆  マルクス、フッサール、実存主義 「行動」 http://www.pensee.co.jp/sercive/action.html
   ◆  どう生き・どう死にたいか、を考える  http://www.pensee.co.jp/sercive/career.html

(3)
 コンプライアンスのための資料 (500タイトル以上)
  http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆ このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします
  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
(Twitter) https://twitter.com/p_nakazawa

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【問題発生企業専門】
   コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかする会社
   コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
   パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

「違反をしそうになった時」、にすべきこと 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/09 08:17)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(2) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/03 08:00)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(1) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/26 08:00)

「コンプライアンスごっこ」と「本当のコンプライアンス指導」の違い 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/19 00:24)

コンプライアンス講演会のお知らせ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/14 03:00)