前に進まない創業者の特徴 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

前に進まない創業者の特徴

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は創業者についてのお話です。

経営スピードが重視されるご時世ですが、創業におけるスピードも同様に重要です。

特にネットやITを活用した創業においては、その傾向が顕著なのですが、なかなか創業が前に進まない創業者の方も数多くいらっしゃるのも事実です。

そのような方々に見られる特徴の一つとして、「聞く耳を持たない」ことがあります。

スピーディーに創業を進めることと、「聞く耳を持たない」ことは同じことではありません。

自分の創業に対する思いや、戦略、方針などにこだわりを持つことは重要なのですが、外部の第三者やステークホルダーとの議論を行い、事業の検証を行うことも必要です。

自分のこだわりを重視してスピーディーに事業を進めているつもりが、なかなかく物事が進まず、結局遠回りだった。そのようなケースがよくあります。

もう一つの特徴は、「見える化をしない」ことがあります。

創業計画や日々の活動状況を見える化するような環境を作っていかないと、スピーディーに物事は進まないものです。

「見える化をして必要に応じて軌道修正を図っていく」というサイクルをスピーディーに進めていく。積極的に外部との連携を図っていく。

このような活動は意識的に行っていきたいものです。

このことは、創業者だけでなく、中小企業の新規事業立ち上げでも同様に言えることです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)

このコラムに類似したコラム

一つ一つの取り組みの重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/08/11 11:39)

自分自身の殻を破る 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/07/24 14:55)

ヒューマンキャピタル2012のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/06/30 13:57)

不要なものは捨てるべし 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/05/04 11:40)

経営者としての時間配分 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/01/14 17:45)