プロの仕事とはどんな仕事をいうのでしょうか - 仕事のやりがい - 専門家プロファイル

小松 俊明
リクルーターズ株式会社 経営コンサルタント (専門/人材ビジネス)
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プロの仕事とはどんな仕事をいうのでしょうか

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事のやりがい
キャリアの悩み

どの世界でも、プロ意識の高い人が心がけていることがあります。それは「自分のスタイルをつくる」」という発想です。これは自分の納得のいくワークスタイル、ライフスタイルを意識しながら、日々の仕事に取り組むという考え方です。

キャリアのショートカットや最小の投資で大きなリターンを得ようとレバレッジばかりを考えるのではなく、自分のやるべきこと、やりたい事にこだわり、多少のまわり道や寄り道も気にせずやる、それが自分のスタイルをつくるということであり、流行に惑わされないプロの仕事の考え方です。これは経営やお金儲けの発想というよりも、職人的な専門家の発想といった方がいいかもしれません。

もちろん仕事の成果を数字で見ることは大事です。十分な売り上げがあるからこそ、会社や事業は存続し、社員個人の生活も成り立ちます。つまり燃料がないとボートは前に進むことができないのも事実です。

一方、燃料を手に入れたら、あとは自分の好きなようにスタイルをつくることができます。「最小の労力・コスト・時間」にこだわることがばかばかしくなるくらい、自分の興味や課題、そしてチャレンジする気持ちに素直に沿って仕事をつくっていくことが本来、専門家の道なのです。

私の場合、10年前も採用支援および転職支援をするコンサルタントだったし、今も同じです。売り上げの作り方もそう変わりません。ただ明らかに変わったと思えるのは、自分のスタイルをつくってきたという確かな実感が持てること。自分だからできる、自分にしかできない、そんなことを毎日発見しながら、自分らしい仕事をつくっていくことの大切さを実感しています。私もその道のプロと呼ばれるよう、毎日精進をしています。

キャリアの悩みをお持ちの方は、弊社がご提供するキャリアコーチングキャリアメール相談をご活用頂くのも一つの方法ですので、ご参考までにお知らせします。

このコラムに類似したコラム

自社を改めて見てみると 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/17 22:08)

ビジョンを持つこととキャリアアップの関係とは? 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2011/03/30 15:04)

気づくということ 藤澤 優 - 組織コンサルタント(2010/06/24 11:23)