魂ある手仕事を届けるタンポポのわた毛~パーソナルクレド - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

魂ある手仕事を届けるタンポポのわた毛~パーソナルクレド

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング
たった一つの物語を作る、パーソナルクレド舎

たまりにたまっているパーソナルクレドをアップします。

こちらの物語の持ち主は、手芸家の羽方早桜子さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魂ある手仕事を届けるタンポポのわた毛

 今から100年以上むかし

澄んだ空気によく映える小さくて優雅なお城に、

美しいお姫さまが暮らしていました。


心の奥底にとても勇敢で公平な魂が宿りながらも、

無邪気で愛らしいその姿に人々は目を奪われて、

お姫さまは

ただただ愛され大切に扱われながら暮らしていました。


美しい姫には美しいものが似合うと、

貢ぎ物がひっきりなしに届けられます。


大切に扱われていることに感謝しつつも、

お姫さまは心の中で、

誰とも心を通わせていないような気がしました。

 美しい貢ぎ物を眺めて、

その美しさに心を踊らせつつも、

それらの品々はそれぞれにふさわしい持ち主が

いるのではないかという気持ちがありました。

 時は戦乱の時代、

お姫さまのお城にも敵が攻め寄せてきました。

 誰もがその安否を案じたはずでしたけれども、

誰にとっても特別すぎたお姫さま、

お城の中にしか身の置き所はありませんでした。

このお話の続きは、ブログをご覧ください。

このコラムに類似したコラム

理解してくれる人はどこかにいる 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2010/06/18 10:59)

決めつけることで良いことがある 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2015/03/31 18:55)

春だから捨てる 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2015/03/23 09:00)

理想と現実がかけ離れているときは 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2014/09/24 08:00)

考えることを休憩すること 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/09/15 09:18)