受給資格者創業支援助成金 シミュレーション 【7】 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受給資格者創業支援助成金 シミュレーション 【7】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 助成金
 【関連Q&A】 ''助成金について''

では申請(届出)から受給までのプロセスをみていきましょう。 まずはスケジュールの概略です。

タイムスケジュール ( [  ] 内は実施日付 )

 step.1  法人等設立事前届 提出 [1/26]

 step.2  会社設立 [2/5]

 step.3  従業員雇用 [2/20] ( cf.店舗オープン [4/25] )

 step.4  支給申請 (第1回) [6/1]

 step.5  ハローワークによる実地調査 [6/15]

 step.6  支給申請 (第2回) [8/21]

 final   助成金受給 [1st. 8/31] [2nd. 9/28]

このスケジュールは、当助成金の性質を充分に把握したうえ、事業計画とマッチするよう事前に綿密に検討されたものです。 
一定期間に、助成金の額を決める対象経費の支出を集中させ、事業計画を歪めることなく、いかに最大額かつ早期の受給を実現するプランが組めるか、つまり 計画性 が大きなポイントとなります。

特に、今回の実例の「店舗工事」の行程は、スケジュール面、そして費用支出の面においても大きなウェイトを占めています。 よってこの工事スケジュールのタイミングが、事業運営のみならず、助成金の受給額にも大きく影響してくることから、タイミングを意識、重視した事業計画が上step.1の段階ですでに出来上がっていることが必要です。

では各プロセスごとポイントをみていきましょう。

  ⇒⇒⇒ ''続きはコチラ''



◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆


Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所 / http://www.ysp-sharoshi.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム