子ども手当ての支給 - 教育資金・教育ローン全般 - 専門家プロファイル

みはまライフプランニング ファイナンシャルプランナー、カウンセラー
千葉県
ファイナンシャルプランナー、カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども手当ての支給

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 教育資金・教育ローン全般

平成23年6月中旬に4か月分の子ども手当が支給されましたが、受け取られましたでしょうか?

お手元に「子ども手当支払い通知書」が届いていない、または指定の口座に振り込まれていないという方は、お住まいの市町村に確認をお願いします。

子ども手当は当初のマニフェストでは、平成22年度が13,000円、平成23年度以降は26,000円となっておりましたが、財源が確保できず平成23年度も13,000円から増額はなく、また東日本大震災の財源確保のため、2011年10月以降は廃止の方向となっています。

廃止となった後、子ども手当が以前の児童手当の支給に戻ると考えると、お子様が一人の家庭については、もらえる金額は以下のようになります。(税金は考慮していません)

1.子ども手当がマニフェスト通りに支給されていれば、平成22年から15年間で・・

   13,000円×12ヶ月(0歳)+26,000円×12か月×14年(1歳~15歳まで)=4,524,000円

2.平成23年10月から児童手当に戻るとすると、平成22年から15年間で・・

   13,000円×18か月(0歳~1歳半:23年10月迄)+10,000円×18か月(1歳半~3歳迄:23年10月以降)+5,000円×12か月×9年(4歳~12歳)=954,000円

1と2の差は約350万円となります。

子ども手当の支給が決まった時点で、支給予定額の全額を学資保険などの積立をはじめた家庭は、今後家計の見直しが必要となる可能性があります。いずれにしても、お子様のいらっしゃる家庭は今後も法改正から目が離せません。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ファイナンシャルプランナー、カウンセラー)
みはまライフプランニング ファイナンシャルプランナー、カウンセラー

働く人たちの夢をかたちにするファイナンシャルカウンセラー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れています。

このコラムに類似したコラム

子育て世帯臨時特例給付金 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/14 11:41)

教育資金の効果的な積立方法とは? 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/16 11:31)

子ども手当の申請期限が近づいてます。 杉浦 詔子 - ファイナンシャルプランナー、カウンセラー(2012/03/27 19:00)

2011年10月以降 どうなる子ども手当!? 宮下 達裕 - 保険アドバイザー(2011/07/15 19:50)

子ども手当、みんなは何に使っている? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/17 17:08)