数年間空き家だった家屋のシロアリ被害 - 新築・リフォームトラブル - 専門家プロファイル

関東白蟻防除株式会社 
住宅設備コーディネーター
03-5948-5332
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

数年間空き家だった家屋のシロアリ被害

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 新築・リフォームトラブル
シロアリ被害事例

今回調査したお住まいは、築年数は30年ほどでしたが、ここ数年間は誰も住んでいない空家だったそうです。

和室の被害
現場へお伺いをすると、和室、玄関や浴室のドア枠などに被害が確認されました。


特に和室での被害は深刻で、床下の根太(木材)がシロアリ被害によって折れてしまい、畳が陥没してしまうほどの被害でした。

折れて曲がった根太

床下を調査してみると、あらゆる場所から複数の蟻道(シロアリの作るトンネル状の通り道)が上がり、

大引きや根太に被害が確認されました。

普通に生活をしていくのにはとても危険な状態です、後日リフォームする予定とのことでした。

空家の場合は、人の足音などの物音や気配がないので、

普通ならあまり出てこない様な畳なども大きな被害に遭うことが多くなります

通常、数年間放置をしていても、ここまでの被害にはあまりなりません。

ただ、シロアリの予防対策を行っていれば、たとえ空き家であろうと防げた被害ではあります。



↓↓シロアリ情報・お問い合わせサイトはこちらより↓↓

http://www.woody.co.jp/



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(住宅設備コーディネーター)
関東白蟻防除株式会社 

建ててからはじまる、家づくり。シロアリ対策はお任せください

「シロアリに食われて泣くよりまず予防」をキャッチフレーズとしてシロアリ防除やネズミ駆除を行っています。創業以来40年、累積施工件数24万件の実績から蟻害におけるさまざまなケーススタディを蓄積。大切な住宅の寿命を伸ばすためのお手伝いをいたします。

03-5948-5332
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「シロアリ被害事例」のコラム

このコラムに類似したコラム

家づくりはコミュニケーションが大切です。 漆原 智 - 建築家(2011/07/29 13:02)

まもなくシロアリの羽アリシーズンです。 南山 和也 - 住宅設備コーディネーター(2011/04/13 10:37)

瑕疵担保責任③~中古住宅の場合 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/04/01 15:43)

平田厚「Q&A土壌汚染対策法解説」(三省堂)、まとめ 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/26 19:03)

土壌汚染対策法の改正(日弁連研修)を受講しました 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/25 12:28)