日経記事;素材も部品もLED照明シフト相次ぎ増産投資に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;素材も部品もLED照明シフト相次ぎ増産投資に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

6月12日付の日経新聞に、『素材も部品もLED照明シフト 相次ぎ増産投資 住友化学、基板原料に100億円 三菱化学は蛍光体能力7倍』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。
 

『素材や情報機器メーカーがLED(発光ダイオード)照明向けの投資を拡大する。住友化学は2012年夏までに100億円強を投じて基板原料の生産を倍増。

コニカミノルタホールディングスはLED照明事業に参入する。低消費電力と長寿命が特長のLED照明は今夏の節電対策を急ぐ家庭や企業による需要が急増。これに伴い関連産業の裾野が広がっている。

住友化学は愛媛工場(愛媛県新居浜市)に発光基板の原料となる「高純度アルミナ」新生産ラインを造り、年率1600トンから同3200トンに増やす。
これにより米サソール社を抜き世界首位になる見込み。

13年度中にさらに同1600トンのライン増設も検討する。電気自動車に搭載するリチウムイオン電池向けの被膜材としての需要も見込む。

三菱化学は15年までにLEDの色を調整する蛍光体の生産能力を約7倍に高める。小田原事業所での生産能力を現在の年6トンから同40トンに引き上げるもので、投資額は30~40億円の見通し。

昭和電工はLED素子を形成する高純度アンモニアガスの生産能力を11年度中に年3000トンから5000トンへと7割引き上げる。川崎工場と中国、台湾の3拠点に約10億円を投じ増強する。

コニカミノルタでは子会社のコニカミノルタオプト(東京都八王子市)が中国・上海の工場にLEDの光を均一に拡散させる導光板の新ラインを設けた。
年1万個のLED照明モジュールの出荷を目指す。6月中に冷蔵ショーケース用として投入。その後オフィス用も検討する。
13年度中にLEDを中心とした照明関連事業で200億円規模の売上高を見込む。

新型の冷蔵ショーケースは業務用冷蔵庫メーカーの福島工業と共同開発した。従来に比べ消費電力を約7割削減できる。
コニカミノルタは有機EL照明事業への参入も表明しているが、量産には2~3年かかるとみて、まずLEDで市場を開拓する。』


予想通り、LED照明の需要は大震災と原発事故から来る電力供給量不足から、国内で急拡大しています。
LED電球の販売価格も下がっており、家庭でも買える金額帯になってきました。
2009年当時の販売価格は、4000円~5000円だった価格帯が最近では2300円以下に下がり、需要拡大に拍車をかけています。

市場ニーズが需要を作り、販売価格が下がってさらに需要を拡大するポジティブスパイラルに入っています。

LED照明は、寿命が約4万時間。白熱電球に比べて寿命は40倍、消費電力は5分の1になると言われています。

先日の日経新聞に、最近電球の販売個数に占めるLED電球の比率が4割を超え、週間ベースで白熱電球をを初めて上回った、との記事が掲載されました。

ローソンなどのように、店舗照明をLEDに切り替える企業や、オフィス照明をLEDに変える企業も増えています。

電力不足は、関東・東北だけでなく、関西・中国などの他地域にも起こりえる状況になりつつあります。
また、西ドイツは脱原発を国の方針として決めましたので、この国でも電力不足は起こりえる状況になります。

中国、インド、ベトナムなどの新興国でも慢性的な電力不足の問題が日常化しています。

LED照明の需要は、世界市場で飛躍的に伸びます。

電力不足は国内問題だけではなく、海外市場でも大きな課題になっています。
国内で培った技術力・価格競争力に磨きをかけて世界市場を日本のLED照明が席巻するようになることを期待します。

東芝やパナソニックなどの大手家電メーカーは、そのような世界戦略を持って動いていると推測します。東芝は、環境事業に力を入れており、省エネ・省電力に貢献しながら、売り上げの拡大を目指しています。
パナソニックも同じ動きをしており、例えば蓄電池事業に力を入れています。

省エネ・省電力技術・製品は間違いなく世界市場で必要とされるものです。国内メーカーは、国内市場で要求されるものを開発・商品化して販売し、同時にそれらを世界に輸出することにより、世界貢献しながら大きく事業を伸ばすとことが可能です。

LED照明がそれを実証しつつあります。
白色LED照明の市場規模は、2015年には10年比、約40%アップの1兆330億円になるとのこと。

エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品、蓄電池なども国内メーカーが世界市場をリードして勝ち残っていくことを期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム