アクセス解析ツールは万能ではない - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アクセス解析ツールは万能ではない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 アクセス解析ツールを理解する

アクセス解析ツールを理解する



前回のコラム『アクセス解析の結果を「活用」するために』で、「アクセス解析を導入している企業が抱える課題」について説明した。そこで、今回からはアクセス解析をどう活用していけばよいかといった点に触れてみたい。

まず最初に行うことは、「アクセス解析ツールを理解する」ことである。

アクセス解析ツールは万能ではない



この記事を読まれたあなたは、もしかしたら、はじめてアクセス解析を知った方かもしれないし、すでにアクセス解析に深い関心を持っている、または関わっている方もしれない。

まず、「アクセス解析;http」と聞いて何をイメージするだろうか? 解析を辞書で調べると、「物事を分析して論理的に明らかにすること。分析」となっている(三省堂『大辞林 第二版』より)。

実際にこの記事を読まれている方々も、アクセス解析を「アクセスログより何かが自動的に導き出される」と思われているのではないだろうか。実は、これは半分正解で、半分は違っている。

アクセス解析は確かに、使い方によっては Web サイトを訪問したログデータより課題を導くことができる。ただ、「自動的に導き出される」わけではない。

「アクセス解析を見れば何でも分かるに違いない」という考えを持たれている方に、よくお目にかかる。しかし、残念ながらアクセス解析ツールは万能ではないのだ。ただし、「万能ではない」ことを理解することが、アクセス解析を有効に活用できる第一歩となる。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム