ボディケア~脂肪細胞とセルライト~ - しつけ・身だしなみ全般 - 専門家プロファイル

中井 ちえか
株式会社フェアウィンド ビューティー事業部 責任者
兵庫県
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:しつけ・身だしなみ

本多 里江
本多 里江
(パーソナルスタイリスト)
中井 ちえか
(イメージコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボディケア~脂肪細胞とセルライト~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. しつけ・身だしなみ
  3. しつけ・身だしなみ全般

 

セルライトの正体は、脂肪細胞が変質したものです。

セルライトができる原因は、血行不良だけでなく、脂肪とは無関係とは思えません。

 

そこで、セルライトと脂肪の関係を改めて見てみることにしましょう。

セルライトは皮下組織に大きく関係しています。

皮下組織には脂肪細胞があります。皮下組織の脂肪細胞は、普段はきれいに並んでいますが、

脂肪をエネルギーとして蓄積する、という特徴がある細胞なので、エネルギーを摂取しすぎると、ここに溜め込み、これが中性脂肪の塊として肥大化してしまうのです。

通常の大きさの3倍~4倍ほどの大きさになるそうです。

そうすると、この肥大化により、周囲の血管やリンパをつぶしてしまう結果となり、

循環機能が落ち、血行不良も引き起こされます。

 

こうなって代謝機能が落ちてしまった脂肪細胞はなかなか隅々まで脂肪を分解する酵素などが行き届かず、

肥大化したまま半分死んだ細胞のようになってしまうのです。

この悪循環により、肥大化したまま分解されない脂肪細胞が老廃物などと絡み合い、変質したようになってしまいます。これがセルライトの正体なのです。

もう一つ厄介なのは、脂肪細胞は数自体が増えるとほとんど消滅することがない、ということです。

サイズを小さくしても、そのまま皮下組織に存在し続ける性質があるのです。

ですから、これが肥大化すればやはりセルライトへと変質してしまう心配があり、

結局はずっとセルライトの心配をしながら過ごさなくてはならない、ということになるのです。

ダイエットで見た目が痩せていても、根本的な要因は体に残ったまま、ということになります。

しかも、脂肪細胞は成人になっても増え続ける細胞だといわれているので余計に厄介なのです。


 

このコラムに類似したコラム

アンチエイジング~リンパケアの必要性~ 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/07/06 14:48)

ボディケア~体内の老廃物とセルライトの関係~ 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/06/10 13:28)

女性とセルライト 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/06/10 10:51)

美肌に!小顔に!リンパケア~お顔編~2 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/04/27 15:52)

ふくらはぎのケア 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2012/06/20 13:30)