日本でインフレは起こるのか - 投資計画・ポートフォリオ作成 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本でインフレは起こるのか

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 投資計画・ポートフォリオ作成
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

「歴史は繰り返す」といいます。

例えば、三陸海岸は、古くから
たびたび地震と津波の被害を受けてきたようです。

では金融経済に、歴史サイクルはあるのでしょうか。

今回は、日本でインフレが起こるのか
という視点で考えてみます。

近頃、よくいわれるのが、
日本の国債が暴落し、長期金利が急上昇し、
インフレが起こるというシナリオです。

バブル崩壊から20年も続くデフレの中、
インフレが起こるなんて、想像しにくいですが、
日本の歴史のなかで、幾度かインフレは起こっています。

最も激しかったのは、
おそらく第二次世界大戦後のハイパーインフレです。

私の父から聞いた話ですが、
終戦後は、お金の価値がほとんどなくなってしまったため、
人々は、例えば、お米とみかんを物々交換したりして
暮らしていたそうです。

あと、意外と知られていないのは、幕末のインフレです。

江戸時代は、大阪の堂島に米の取引所があったそうですが、
その米価の推移をみると、幕末に跳ね上がっている様子が分かります。
丁度、龍馬さんが活躍していた頃です。

こうして見ていくと、日本で、インフレが起こるシナリオも
ありえなくはないな、と思えてきます。

近頃の政治の混乱ぶりを見ると、
「幕末」に似ている感じもしなくはありません。

もっとも、ハイパーインフレが起こって、
日本経済が大混乱になれば、かなりの痛みを伴います。
そんな事態は、起こらない方がよいのかもしれません。

ただ、歴史の中でハイパーインフレは、
その時代の莫大な国の借金を実質帳消しにして、
新しい日本に生まれ変わらせるきっかけになっています。

くらしを守るという観点から、
一度インフレ対策を学ばれてみるのもよいと思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

「マネタリーベース 過去最高155兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/05/10 11:19)

「日銀、追加金融緩和策発表!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/22 16:26)

「世界経済、下方修正へ」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/10/12 18:00)

「長期国債保有、紙幣の発行残高を超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/17 14:03)

復興支援に国債を買って、お宝コインをゲットする!? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/20 17:00)