消費税と決算月 - 会社設立方法・手続 - 専門家プロファイル

佐藤 良基
さとう浦安法務事務所 代表
千葉県
司法書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2017年03月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税と決算月

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立方法・手続
会社設立 株式会社の設立

資本金が1,000万円未満の会社の場合、設立してから2期分は消費税を納める必要はありません。

ここで注意が必要です。

2年分ではありません。 2期分です。

つまり、1期目が短いとそれだけ損をしてしまいます。

たとえば、6月末決算の会社を5月20日に設立した場合、およそ一月半で決算を迎えることになります。

これでは設立してすぐに決算を組む必要もありますし、消費税を払わなくてもよい期間が短くなります。

ですから、消費税を納める期間をなるべく長く取りたい場合は、設立月の前月を決算月にすると効果的です。

このコラムに類似したコラム

消費税と資本金 佐藤 良基 - 司法書士(2011/06/07 13:15)

「会社をつくろう!」⑤資本金はいくらがいい? 市山 智 - 司法書士(2012/07/25 00:00)

「はじめて経営者」知識講座④ 会社の種類 岡田 誠彦 - 税理士(2012/01/15 14:47)

会社設立時の資本金はいくらがいいのか? 佐藤 昭一 - 税理士(2011/11/01 18:56)

都道府県税事務所および市区町村役場への提出 佐藤 良基 - 司法書士(2011/06/07 17:43)