東日本大震災:震災以降の現金残高推移を確認する - キャッシュフロー - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東日本大震災:震災以降の現金残高推移を確認する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. キャッシュフロー
経営 経営実践

こんにちは、昨日は予定通りホタルの鑑賞会に行ってきました。

カメラで動画も撮ってみました、どうにか写っています。


昨日からの続き、現金残高が高すぎるケースは怖い、ということについて。

帳面上残っているようにみえて実際にはそれだけのお金が残っているわけが

ないような金額が帳面に書かれている場合、事業と私生活のバランスが

著しく崩れている可能性があります。


特に震災以降、事業において規模の縮小や売上の現象が起こった方は

非常に多いはずです。

すでに三ヶ月が経過しようとしていますが、地震以降の会計処理について

なにもなされていないとなると、果たして事業規模の縮小に対して

生活費側で対応が出来ているのか確認ができません。

(もちろん、生活費について家計簿などをつける方法でも

このバランスを確認することはできますが)


この3月以降の帳面が未処理の方は少し注意が必要です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

複式簿記 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/15 01:00)

内訳、残高を気にすること 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/14 01:00)

一番大切なのは借り方…ではない! 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/30 01:00)

目立たない病気の木を見つける~「きれい!」ごとじゃすませない 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/04/06 11:37)

明確なゴールはあとから考えるというざっくりした計画はいかが? 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/04/02 17:02)