日経記事;LED,電球販売で"白熱"抜く 節電意識を反映に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;LED,電球販売で"白熱"抜く 節電意識を反映に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

6月3日付の日経新聞に、『LED、電球販売で「白熱」抜く 節電意識を反映 5月第4週、量販店でシェア4割超』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は、以下の通りです。

 
『節電意識の高まりを受け発光ダイオード(LED)電球の販売が急増している。家電量販店では5月第4週、電球の全販売個数に占めるLED電球の割合が4割を超え、白熱電球を初めて上回った。

消費電力が白熱電球に比べ約7分の1で寿命も長く、東日本大震災後に需要が急伸。販売はさらに増え、今夏にシェア50%に達するとの見方も出ている。

全国約4000の家電量販店の販売動向を調査するGfKジャパン(東京・中野)によると、5月23~29日のLED電球の割合は42.3%。白熱電球の39%を抜いた。
販売数は前年同期の2.9倍に増加した。

LED電球のシェアは2010年8月以降、20%前後で推移していた。
しかし震災を境に消費者の節電意識が高まり、購入者が急増。シェアは2カ月間で2倍に膨らみ、電球販売の主役となった。

5月の1カ月間でみるとLED電球は37.2%と白熱電球(43%)に及ばなかったが、シェアは毎週上がっており、月時でも6月に逆転する見通しだ。

平均価格は5月第4週に約2300円で、1年前に比べて約2割下落した。
6月には量販店の店頭で1000円を切る商品も登場するなど、単価の下落が需要を後押ししている。

GfKは「LEDの需要はまだ伸びている。このペースでいけば、夏には5割を超える可能性もある」と分析している。』


家電量販店のノジマは、同社のプライベートブランド「ELSONIC(エルソニック)」から、E26口金のLED電球2機種を6月1日に発売する、と発表しました。

電球色の「E-FLA5L1」、昼白色の「E-FLA5N1」が用意される。希望小売価格はいずれも1,480円だが、6月1日から8月31日までの期間は、980円で販売されます。

シャープ製のLEDを使用したE26口金のLED電球。定格消費電力は5.2Wと少なく、寿命は40,000時間の長寿命。1日10時間使用しても、10年間の取り替えが不要と説明されています。

社会的ニーズが市場・需要を作り、商品の販売数量が増えて価格が下がり、更に需要が拡大する図式が、最近のLED電球に端的に表れ始めています。

今年からしばらくの間、オフィス、工場、家庭でのLED照明化が急速に進み、照明器具の電気消費量に占める割合が急激に低下するとみています。

今後、さらに省電力化された各電気商品(エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、掃除機など)が売れ始めるでしょう。

国内の電気消費量が下がり、電気業界の売上が伸びて国内経済が活性化する、お金が回り市場を刺激する、ポジティブスパイラルに入るとみます。

また、国内で価格競争力をつけた家電商品が、省電力と低価格を武器に海外に輸出され、世界の省エネ・環境対策に貢献しつつ、売上を伸ばすことが可能になります。

国内製造業が得意とする事業展開で、過去のオイルショックなどの危機をしのいできた経験やノウハウが生きています。

この得意技を、他の重要商品分野;太陽光発電、蓄電池、ハイブリッド車、電気自動車などにも積極的に適用し、世界市場をけん引する一大産業にすることは可能です。

LED電球がその先兵として証明しています。

今後の国内製造業の更なる奮起に期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム