携帯と発がん性リスク - 老後の健康と運動 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

携帯と発がん性リスク

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の健康と運動
ライフスタイル

今回、世界保健機関の専門組織である国際がん研究機関からショッキングな発表がありました。この件については、前々から噂として言われていた事ですが実際に公的な組織から正式に発表されると今後の使用について考えさせられるものがありますね。

具体的には携帯電話の電磁波について、「特定の脳腫瘍などを引き起こす危険性が限定的ながら認められる」という内容です。危険性評価では、コーヒーなどと同じ分類だが、「なるべく端末を耳に近づけないよう」と提案しています。ただ、危険性を数値化した新たなデータは発表していませんが、1日30分間、10年以上、使い続けている場合、神経膠腫の発症危険性が1・4倍になるとした過去の研究結果を紹介しています。同機関に因ると、発がん性の評価を高い順に1、2A、2B、3、4の5段階に分類しており、今回の携帯の電磁波は、上から3番目の2Bに当たると考えている様子。同分類にはコーヒー、ガソリンエンジンの排ガス、鉛などがあります。そう考えると使用に対して少し考えたくなります。 

ただ、今回の発表が100%では無いとしても、自分の身体を1番に考えた場合、どうしても私達の様に仕事で必要な人間にとっては、イヤホン等の対応策を今後、検討する必要があるかも知れませんね。世の中、食物と言い、危険なものだらけの様な気がします。これも、自然破壊をし近代化という言葉を楯に開発を行い続けた人間に対する一種の罰なのかも知れませんね。



 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル」のコラム

このコラムに類似したコラム

フェイスブックで感動した人の言葉より・・・ 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/07/13 11:19)

この世における仕事とは・・・ 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/03/27 18:19)

今日から仕事始めですかね・・・? 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2011/01/05 15:31)

モノづくりとは、その人の生活環境から生まれ出るもモノです! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/07/22 00:00)