今の時期こそ、付けない・増やさないで食中毒を防ごう - 飲食店のオペレーション - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今の時期こそ、付けない・増やさないで食中毒を防ごう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店のオペレーション
飲食店コンサルタント

こんばんは、高窪です。
土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか?

さて、週末だというのにあまりお天気がよくありませんね。
梅雨だから仕方ないとはいえ、やはり太陽が恋しくなるのは私だけでしょうか?

何度も書きましたが、この時期になるといつにもまして細心の注意が必要になるのが食中毒対策です。
自分ではしっかり手洗いしているつもり、清潔な調理器具を使っているつもりでも、どんなところに落とし穴が潜んでいるか解らないのです。

食中毒予防で大事なのが、食中毒菌をつけないことと増やさないこと。
当たり前すぎることなのですが、これに尽きます。

案外見落としがちなのが、手の傷。
調理をしていると手にけがをしたり、やけどをしたりなどで傷を負うこともままあると思います。
それは仕方のないことですが、その後の対応が大切です。

傷口には、食中毒の原因となりうる菌が付いています。
それが食品に付着してしまうと、それが原因で食中毒を引き起こす可能性もあります。

手に傷を負ってしまった場合は、少し調理しにくいかもしれませんが使い捨ての手袋を着用したり、傷の部分を覆うようなゴム製の指サックを使用したりして傷が直接食品に触れないようにすることが大切です。

そして、その場合も素手と同じようにきちんとした手洗いは欠かせません。

面倒だと思っても転ばぬ先の杖、しっかりと予防していきたいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「飲食店コンサルタント」のコラム

このコラムに類似したコラム

食中毒対策マニュアル<簡易版> 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2011/07/01 11:33)

食中毒対策について(発症事例⑪:ボツリヌス菌) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/06/25 15:23)

その気の緩みが、飲食店の衛生管理を台無しにします(1) 高窪 美穂子 - 料理講師(2011/06/29 23:00)

食中毒リスクマネジメント<6> 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/02/13 18:20)

食中毒リスクマネジメント<5> 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/11/18 13:41)