日経記事;節電で勤務体制見直し 秋以降継続も視野 に関する考察 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;節電で勤務体制見直し 秋以降継続も視野 に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

本日より6月ですね。よろしくお願いいたします。

6月1日付の日経新聞に、『節電で勤務体制見直し 秋以降継続も視野 NTT半日在宅、コマツ週休3日』のタイトルで記事が掲載されました。

記事の主な内容は以下の通りです。


『原子力発電所事故に伴う今夏の政府の節電要請を受けて、首都圏の企業を中心にオフィスでの働き方が大きく変わる。
NTTは本社で7~9月の毎日、半日の在宅勤務を導入、協和発酵キリンは節電期間中に研究員を海外に長期出張させる。
コマツや図書印刷は週休3日制を採用する。労働時間の短縮や業務の効率化が課題となっている日本のホワイトカラーの働き方を見直すきっかけとなり、効果次第で秋以降も定着する可能性がある。

NTTは持ち株会社の本社ビル(東京・千代田)で、フロアごとに午前か午後の在宅勤務を導入する。対象は持ち株会社の本社勤務のほぼ全員に相当する約300人で、午前出社と午後出社は定期的に入れ替える。

在宅の勤務時間は原則3時間で、移動時間も含めると対象全員が毎日、半日出社しない。フロア単位で電気を使わず節電効果を高める。

国内の電力消費に占めるオフィスや店舗の割合は3~4割。家庭も約3割を占める。
政府が大口需要家に求める原則15%の節電要請に応じるには、工場だけでなくオフィスでの節電対策が不可欠だ。

しかし、在宅勤務の導入により家庭の電力消費量が増える懸念もある。NTTは始業時間の1時間前倒しなどどと組み合わせることで全体では節電につながると判断した。

福島原発事故は収束のめどがたたず、他の電力会社の原発も定期点検後の再開が難しくなっている。
電力不足はしばらく続く可能性があり、企業は節電への対応が日常化する中で、事務職や研究職も省エネルギーを配慮した効率的な働き方への転換が迫られている。「今回の実践を通して在宅勤務が取りやすい環境整備につなげていきたい」(NTT)との姿勢に傾いている。

協和発酵キリンは節電対応を研究部門の国際化の契機にする。東京リサーチパークなど東日本にある研究所の研究者約20人を6月から約3カ月間、アジアなど海外の研究機関に派遣する。
電力不足心配せずに研究や実験に従事してもらう。節電期間の終了後も派遣制度の継続を検討する。

コマツは7~9月の3カ月間、東京本社で週休3日制を導入する。土・日曜日以外も休日日をフロアごとに1日ずつ設ける。
図書印刷は本社で6~9月、水曜日を加えた週休3日とする。

工場の休日を木・金曜日に振り替える自動車業界では、トヨタ自動車のほか日産自動車やホンダ、マツダ、三菱自動車、スズキなどが事務部門を含め、全国で一斉に木・金曜日を休みとする。
日産は本社で例年1週間程度の夏休みを2週間程度とする。。。』


今回の電力供給量不足は、今後の国内ビジネスのやり方を根本的に変えるきっかけになる可能性を秘めています。
社会的・経済的ニーズがあり、切迫感があれば、個人も企業も動きます。

日本のビジネスのスタイルは、明治以来ほぼ一貫して、人がオフィスに集中して集まり、コミュニケーションをとり、多くの会議により意思決定を行ってきました。

東京に多くの企業が集中するのは、現在の働き方や企業間同士の会話の仕方をベースで考えた場合、最も効率的だからです。

日本全土にインターネットのブロードバンド環境が整った日本では、パソコン・高級携帯端末がネットにつながれば、何時でもどこでも仕事を行うことが出来ます。

セキュリティ対策や機密情報保護は、クラウドを使うことで各パソコンや高級携帯端末にデータ・情報を残さないで行うことが出来ますので、オフィス外での仕事が可能になります。

また、子育て中の女性社員も自宅で仕事がより容易に出来るようになりますので、働き方も大きく変わって来ます。意欲のある社員は、子育て中も働くことが可能になります。

各個人もよりシビアに結果を出すように、意識して仕事を行う必要がある環境下におかれる可能性があります。勤務評価・人事評価のやり方にも影響を与える可能性があります。

会議やコミュニケーションのやり方も変わり、より短時間に結論や今後の行動計画を決定するようになります。

経営幹部や中間管理職は、意思決定能力やリーダーシップ力をより明確に求められるようになります。

直接、人と人が会って会話・会議する仕事のやり方が少なくなれば、東京への一極集中する状況にも変化が起こるとみています。

通常の会議は、インターネットを使った会議で行われるようになえば、多くの企業が東京に集まる必要性は少なくなります。

仕事を楽しみ、効率的に仕事を行った後に、自分の時間を楽しむワークスタイルが定着しそうな気がします。

クールビズの普及・定着と共に、勤務スタイルが大きく変わるきっかけになることを期待します。
インターネットを活用してより効率的・効果的・創造的なワークスタイルの確立が求められます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;『サイボウズ、全社員に在宅勤務制度』を読んでの考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/11/09 05:36)

PC・携帯電話の世界出荷台数 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/13 11:14)

消費者のデバイス利用状況 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/17 10:28)

日経記事;『社説 自治体は保育の拡充を競え』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2013/04/27 11:51)