真の障害は・・・ - 自己分析・適職診断 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真の障害は・・・

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 自己分析・適職診断
視点を変えて 笑顔で生きよう!

目の前に障害があります。

ところで、この障害は、だれにとっての障害ですか?

起こっていることが本当の障害と言える具体的な理由は何ですか?

現実にあることを、脳で理解しようとすると、こんな風に理屈っぽく自分に問いかけて見て、

真の理由を探してみると、解決策が見つかる場合がありますね。

では、その障害を頭以外でどこか、感じているところはないですか?

あの嫌な感じは、どこから湧いてきていますか?

と、頭ではなく、感情に直接聞いてみると答えはどうなりますか?

感情に蓋をせず嫌な感じを言葉で表現することによって、リラックスすることができるようになることでしょう。

 

障害も、見方を変えるとチャンスになります。

例えば、仕事で自分が思う以上のトラブルが発生したとしましょう。

一生懸命努力して、克服するために仕事をした人にとっては、

まさに、これ以上大きな障害はないと感じることでしょう。

しかし、では、その障害は何のためにあなたにふりかかったのでしょう。

その障害からあなたが得られるものは何ですか?

と聴いてみると、答えが変わることでしょう。

1つの障害を乗り越えたことによって、経験と知識が増しました。

だからこそ、次の障害に気づくことができたのかもしれません。

そうだと仮定すれば、次の障害対策は、成長のチャンスとして訪れたことが理解できることでしょう。

真の障害は・・・常に自分の中にある、思考のゆがみや、問題と向き合う自分の姿勢にあるのではないですか?

それを実感するために・・・今日も「自分」に注目し、自分らしく。

そして新しい自分づくりを目指して生きていきましょうね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「視点を変えて 笑顔で生きよう!」のコラム

今、あなたがなすべきこと(2014/10/23 10:10)

たおやかに生きる(2014/10/14 11:10)

順番を守りましょう(2014/09/14 16:09)

このコラムに類似したコラム

”正しさ”ではなく”自然かどうか”を大切にする―出産・育児期を楽しむ方法 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2013/02/01 10:39)

働くレシピ(8) 働く意味を見つける 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/01/25 22:22)

たおやかに生きる 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/14 11:56)

身の丈を意識してみよう 竹内 和美 - 研修講師(2014/09/05 18:58)

成長を支援していただいた人に伝えること 竹内 和美 - 研修講師(2014/01/23 16:24)