高校1年生でも40日間で英字新聞が読めるようになる? - 受験英語 - 専門家プロファイル

奥村 美里
フェリシオンジャパン株式会社 ネイティブ英語環境 主宰・同時通訳
東京都
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高校1年生でも40日間で英字新聞が読めるようになる?

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 受験英語

こんにちは ネイティブ英語環境 奥村美里です。


先日、マイケル・ボルダック氏の3日間セミナーで、
認定プロコーチでも、まぐまぐ殿堂入り英語メルマガの
作者でもあるマックス石田さんとお知り合いになりました。

石田さんは外資系勤務暦18年で、技術畑をまっしぐらでした。

現在では独立されておりますが、先日、ランチをご一緒する
機会がありまして英語上達の秘訣を聞いてきました。

その秘訣とは・・・

 

インプット・アウトプットの法則
 

英語はインプットするところに成功の鍵があるようです。

つまり英語を繰り返し聴き読むことが習得の基本であり、
英語マスターの秘訣になるとおっしゃっておりました。
それも一々日本語に訳さないで自然と覚えるまで
ありのままの英語を何度も何度も。

 
日本語に訳さず、英語のままのインプットを毎日繰り返していると、
いざというときに、適切な英語が自然に口から出てきます。
上手くアウトプットされるのです。
石田さんはこれを、英語の「インプット・アウトプットの法則」と呼んでいます。
 

今では石田さんは国際経営コンサルタントとして、
経営者としてネイティブスピーカーと交渉しても、
負けることはほとんどないとのことです。
 

それから印象的だったのは、
「痛みをさけ、快楽を得る」という言葉を繰り返しお話されていたことです。

人間の行動規範はただひとつなんですね。


それは

「痛みをさけ、快楽を得る」ということです。

人間は、意識している・していないにかかわらず、快楽が得られ、
苦痛が避けられるとおもう行動をとります。

たとえばタバコを吸う人も吸わない人も同じ「痛みをさけ、快楽を得る」
という行動をとっているのですね。

喫煙者の方はタバコ=快楽となっているため、タバコを吸い、
非喫煙者の方はタバコ=痛みとなっているため、タバコを避けます。

英語もこれと同じで、
膨大な文章量はおおくの方にとって「痛み」であるため、
石田さんは「毎日少しずつやる」ことが大切だとおっしゃっておりました。

 

まとめると、英語を短期間で劇的に向上させるためのポイントは:
 
(1) 英文を声を出してリズミカルに読む
 
(2) 一語一語一々日本語に訳さず、そのまま一行を一気に読む
 
(3) 無理に暗記するのではなく、体(口、声、目、耳等)で
    覚えるまで何度も繰り返し読む

 


英語が大の苦手だった石田さんが最終的に行き着いた方法、
そして、高校生でも40日で英字新聞が読めるようになる方法に
興味がある方は見てみてくださいね。
↓↓↓
http://www.max-ishida.jp/

 

 

1300人が話せた!英語習得の6ステップ登録は下記からどうぞ!(無料です)

http://outloud-english.com/landing_allab/


今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

今日があなたにとって特別に素敵な一日になりますように!


ネイティブ英語環境 奥村美里
http://www.nativeenglish-env.com/

 

このコラムに類似したコラム

英語上達の秘訣 田中 真由美 - 英語発音スペシャリスト(2014/09/24 11:43)

必読!! モチベーション持続の方法 奥村 美里 - 英語講師(2011/05/11 20:00)

英検1級合格講座1―準1級とのギャップ― 飯岡 信之 - 英語講師(2010/08/31 17:59)

英字新聞を読む 浦崎 友恵 - 英語講師(2010/09/02 08:00)