米国特許:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(9)(2回) - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(9)(2回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

米国特許判例紹介:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(9)(第2回)

~類似技術の範囲とは~

                   Innovention Toys, LLC,

                                         Plaintiff Appellee,

                                    v.

                 MGA Entertainment, Inc., et al.,

                                          Defendants- Appellants.

河野特許事務所 2011年6月17日 執筆者:弁理士 河野 英仁

3.CAFCでの争点

争点:類似技術の範囲はどこまで及ぶか

 被告が挙げた先行技術は以下の2つである。

(i)コンピュータベースのチェス風戦略ゲームを記述した2つの記事・・・レーザチェス及び進化レーザチェス(以下、先行技術1という)

(ii)物理的なレーザを用いたチェス風戦略ゲームU.S. Patent 5,145,182 (以下、先行技術2という)

 

 先行技術1は“レーザチェス アタリSTプログラミングコンテスト 優勝賞金5千ドル”内の記事である。先行技術1は、仮想レーザ、鏡面及び非鏡面を有するコマを用いたチェス風コンピュータゲームを開示している。各コマは交互にチェス風仮想プレー面においてプレーヤにより移動または回転させられる。

 

 各ゲームのゴールは、様々なゲームコマを用いて、敵の非鏡面王コマを、レーザビームを当てて排除すべく、レーザビームを操作することにある。レーザチェスにおいて、プレーヤの王コマは、プレー中マスを動く。王コマは、敵のコマのマス上を移動することにより、いかなる敵のコマをもとることができる。

 

 先行技術2は、プレーヤが交互に鏡面ゲームコマをチェス風ゲーム板マスに置く物理的・電気的な戦略ゲームを開示している。図3は先行技術2のボードを示す斜視図である。

 

図 3 先行技術2のボードを示す斜視図

 

 プレーヤは敵プレーヤの採点モジュールに対しレーザビームを照射し、これらを排除するために、コマを配置する。プレーヤは、ゲーム板の周りで屈折されるレーザビームが敵の採点モジュールにヒットした場合に点を得る。

 

 242特許は物理的なレーザチェスゲームである点で、仮想空間上で実行されるコンピュータレーザチェスゲームである先行技術1とは相違する。このような先行技術1が類似技術の範囲内であればKSR最高裁判決の自明性判断基準に照らし自明と判断される。一方、非類似技術と判断されれば非自明と判断される。

 

 本事件では、先行技術1が類似技術の範囲内に属するか否かが争点となった。

(第3回へ続く)

ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム