日影規制をさけて 床面積確保 - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日影規制をさけて 床面積確保

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
ものづくりの現場から

建築基準法で 日影規制 が規定されている地域があります。

一般的には(低層の住居専用地域などをのぞき)、建物高さが

10mをこえる場合に、この規制の対象となります。

 

この日影規制は、建物の高さを制約するものではありません。

その建物がつくる日影の時間を規制するもの、つまり建物全体

の形体(とくに東/西間の幅など)が 影響されてしまいます。

 

こうなると 

考えられるデ・メリットが、建物の構造が複雑になることです。

直接コストに影響し、メンテナンスの面倒などが予想されます。

 

日影規制が規定されている地域では まずは

規定に抵触させず 建蔽率を最大限活かして床面積を確保する

計画を模索してみます。

 

ただ

今日の都市の 特に密集地での ライプスタイル を考えるに

日影規制という考え方を もすこし見直してもいんじゃないか‥

というのも、私の所感です。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ものづくりの現場から」のコラム

このコラムに類似したコラム

賃貸部分を持つ都市型住宅の提案 岩間 隆司 - 建築家(2016/02/19 14:40)

『ファンタジー住宅建築』はいらない。 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/08 15:46)

芝・増上寺の思い出 岩間 隆司 - 建築家(2015/11/20 14:50)

ザハ・ハディド展へ 岩間 隆司 - 建築家(2014/10/24 10:50)

建築家紹介サイトにいく、その前に。 岩間 隆司 - 建築家(2014/10/12 14:46)