甲府のスケルトン改修03 仕上げ工事 - 木造・伝統工法住宅 - 専門家プロファイル

標 由理
コネクト 一級建築士事務所 パートナーアーキテクト
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)
杉浦 繁
(建築家)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

甲府のスケルトン改修03 仕上げ工事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 木造・伝統工法住宅

気がつけば震災から2カ月が経ちました。進行中の現場でどのような影響が出るか、
1か月ぐらいは日々変わる資材の納入状況に、
現場も我々もひとつひとつ対応するしか方法がなく、
工期に影響するのかしないのかわからないままに進んできました。

連休明けになって資材の納品日がはっきりして、1週間ちょっと工期が延ばすだけで
竣工を迎えられそうなことがわかりました。
結果としてこの現場で影響を受けて変更したものは、便器と手洗器、そしてポリ合板だけでした。
他にも、下地合板、IHコンロ、断熱材が入らないかもしれないといった時期がありましたが
施工会社がうまく手配してくれたおかげで、問題なく進んでいます。


工事途中の様子をもう少しブログで伝えられれば良かったのですが、
忙しさにかまけていたら、3回目でもう仕上げ工事になってしまいました!
竣工まであと1カ月を切りました。
竣工前にはオープンハウスを予定しています。詳細は後日お伝えします。

タイル貼りの写真はこの家の玄関になるところ。
庭に抜ける引き戸を奥に設けて、土間がエントランスポーチと庭をつないでいます。
右手足元には駐車場側の足元植栽のグリーンが見える予定。
広い土間玄関がこの家の一つ目のポイントです。

そして2階へ上がると階段室廻りがギャラリーのような本棚空間になっています。
手前の書斎とつながるための工夫が隠れている、この家のもう一つのポイントです。

これから造作家具が入り、照明がついて、ようやく設計していたイメージが見えてくることでしょう。
あと少しです!

このコラムに類似したコラム

「設計力のある工務店で家を建てよう」 清水 康弘 - 工務店(2014/03/14 10:07)

「今週お引き渡しの住宅」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/28 15:46)

「住まいの設計・つくり手の会特別編集号」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/13 21:33)

「家守り通信」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/03 18:00)

「またまた雑誌掲載」 清水 康弘 - 工務店(2014/01/27 16:32)