会計業界2大事件(ひとつめ) - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会計業界2大事件(ひとつめ)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

先週、「会計士Sachioのブログ」に載せた記事を少しアレンジして転載します。
あまり馴染みのない会計業界を少しのぞいてみませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

GWも遠い過去に流れていき、もう金曜日。暑かったり寒かったりの今週でしたがいかがでしたか?

GW翌週の会計業界で話題になっていることが二つほどありました。

そして私自身も考えるところがありました。

 

(ひとつめ)は、TV等でも報道されていました「粉飾指南コンサルタント」事件。

 

そもそも、医薬品メーカーの富士バイオメディックスという上場企業が2008年に倒産しているのですが、捜査の結果、粉飾決算の疑いで元社長ほか3名が今週逮捕されました。(←報道的にはこちらが主)

 

そして、「ほか3名」の中に、経営コンサルタントがいて、このコンサルタントが粉飾を指南したのではないかとの疑いがあるのです。

 

粉飾指南コンサルタントなる肩書は、当然この世には存在しないわけですが、

実際のところ、グレーなところを指南して法外な報酬を受けているコンサルタントは存在しています。

 

会社は、粉飾したくなるような動機、たとえば利益を出さないとお金が借りられなくなり資金が底をついてしまうなど、そういう状況にあるわけです。

背に腹は換えられないとなると、「専門家」の教えに乗っかって粉飾に手を染めることがありえます。

「専門家」は、逆に会社のそういう弱みに付け込むわけです。

 

当然、そんな「専門家」を私は専門家だと思っていませんが。

 

こういう事件を見ると、いつも思います。

弱っている会社に「会計のウルトラC」的なものはなく、

少し遠回りでも、弱ってしまった原因をひとつひとつ潰していかないと、ほんの少し延命するだけ。

いや、それだけならまだしも、被害者と被害額が膨らんでいくのです。

 

 

頑張って上場したのに。

 

信頼して投資したのに。

 

良いもの作っていたのに。

 

 

 

ただ、そのコンサルタントは逮捕前のインタビューで一つだけ的確なコメントをしています。

「粉飾は麻薬。一回やると死ぬまでやめられなくなる」

 

よく使われる表現ですが、場面が場面だけにインパクト大です。

皮肉にも、今後の粉飾防止の一助になったのではなかろうか。


LBAアドバイザリー株式会社

代表 公認会計士 岸井 幸生 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

業績悪化の原因は自社にあり 榎並 慶浩 - 税理士(2013/02/26 21:56)

【改正 四半期財務諸表】 -P/L・C/Fの簡素化- 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/13 06:44)

人生は分割できない・・・のかも 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/15 07:00)

よくある倒産要因 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/14 07:00)

無駄のない経営 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/15 07:00)