薬事法 化粧品の広告に健康食品を掲載してよいのか - 広告デザイン・制作 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広告代理・制作

北村 卓
北村 卓
(マーケティングプランナー)
ウジ トモコ
ウジ トモコ
(アートディレクター)
北村 卓
(マーケティングプランナー)
北村 卓
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬事法 化粧品の広告に健康食品を掲載してよいのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広告代理・制作
  3. 広告デザイン・制作
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

「化粧品の広告に
そもそも、健康食品や栄養機能食品を同時掲載してよいのか」

このようなご質問をよく受けます。


結論から申し上げると、
『掲載可能』です。


薬事法上、化粧品の広告に、健康食品を掲載不可
という明文化はなく、現状、規制を受けることはありません。

ただし、同時掲載をするにあたり、注意点があります。

======
健康食品=美容・健康維持を目的とするものであって、
⇒身体の生理的機能への効果を表現することはできません。

この観点から、部位訴求もNG とされているのは周知の事実。
======

一方で、
化粧品=肌に使用するもの

同時掲載をすることで、対象となる「健康食品」が
肌に効果があると暗示するような表現があった場合・・・

それは、「肌への部位訴求」となります。


ですから・・・
「美容と健康維持」を目的とする
という文言を注意喚起として記載しましょう。


「肌への特定効果を期待させるものではない」 という
打ち消し表現を入れることで、同時掲載が可能となります。


広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

消費者庁 健康食品 監視状況のリリース 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/05/31 14:05)

売れ筋の「オルニチン」の表現を考える 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2010/07/30 11:00)

薬事法 化粧品 体臭・消臭に関する広告表現 対策 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/06/18 16:35)

2011年度版薬事法・景品表示法・健康増進法セミナー追加開催 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/07/22 12:00)

薬事法 健康食品の表現を再検証 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/04/14 13:44)