日経記事;スマートフォン安全強化,通信IT大手連携40社 について - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;スマートフォン安全強化,通信IT大手連携40社 について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 インターネット環境・検索・市場規模など

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

5月16日付の日経新聞に、『スマートフォンの安全強化、通信・IT大手連携40社 グーグルも協力 10月までに不正ソフトの防御策』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

 
『NTTドコモやKDDI、セキュリティーソフトの米シマンテックなど内外の通信・IT(情報技術)大手約40社が、スマートフォン(高機能携帯電話)の安全対策で連携する。

10月までに不正ソフトの防御法などをまとめる。2011年のスマートフォンの世界出荷は4億2000万台でパソコンを超える見通しだが、パソコンに比べ安全対策は遅れている。

スマートフォンを介して企業の基幹システムがサイバー攻撃を受ける危険もああり、防御網の構築が課題になっている。

25日に「日本スマートフォンセキュリティフォーラム」を設立。
パソコン向けセキュリティソフトを手掛ける米シマンテック、トレンドマイクロ、通信機器の米シスコシステムズなど内外の40社以上が参加する。

スマートフォン向け基本ソフト(OS)の「アンドロイド」を開発したグーグルも協力し、アップルのスマートフォン「iPhone」を販売するソフトバンクも参加する見通し。

企業が安全にスマートフォンを利用するための方策を10月までにまとめる。OSの弱点を見つけてグーグルに改善を要請したり、弱点の情報をデータベース化して企業に提供したりすることも検討。
端末を紛失した場合に情報の流出を防ぐ端末認証の技術も開発する。

米国ではグーグルなどがアンドロイドの改良に取り組んでおり、セキュリティソフト会社もより効果的な専用ソフトの開発を急いでいる。
今夏には日本でも複数製品が販売される見通し。日本はフォーラム設立で安全性向上に貢献するとともに、海外の最新技術を利用者に普及させる。

スマートフォンはパソコン並の情報処理能力を持ち、インターネットを介して好みのアプリケーションソフトを取り込める。
国内では11年度の出荷が2000万台を超え携帯電話の半数以上を占めるとされる。

パソコンでは市販のセキュリティソフトが普及し、情報システム部門などがLANを通じて社内の端末のコンピューターウイルス感染を常時監視している企業も多い。

スマートフォンではこうした対策がほとんど採られておらず、手軽な配信の仕組みが不正ソフトの侵入経路に悪用され、個人情報の流出や、サーバー側を含めたシステム障害につながる懸念が強まっている。
パソコンのように大量のデータを蓄積できるため、業務用に利用した場合、情報流出のリスクもある。

スマートフォンはすでにサイバー攻撃の標的だ。昨年末から今春にかけ、アンドロイド端末入り込み外部から操作したり、情報を盗み出したりする複数の不正ソフトが中国を中心に広がっている。
英語版や日本語版も出回り、世界的にまん延する危険がある。

不正ソフトは普通のアプリケーションを装ったゲームなどに組み込まれており、「パソコンほど苦労せず端末に侵入できる」(シマンテック)という。

専門家の間ではパソコンに代わるネットの入り口になりつつあるスマートフォンの安全対策の遅れを懸念する声が高まっている。』


記事にありますように、今年になってスマートフォンが急激に普及し始めています。
ネットとつながってアプリケーションソフトをダウンロードしたり、Webサイトにアクセスし情報収集したりと、プライベートや業務用途で使われるようになっています。

このように、使用機会が拡大するスマートフォンは、ハッカーにとって格好の攻撃対象になることは残念ながら当然です。

最近、ソニーが、ゲームなどを配信する「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」や「キュリオシティ」とオンラインゲームサービスにハッカーから攻撃受け、1億人の顧客情報が流出しました。
セキュリティの弱点をつかれたためです。
既に、25件の訴訟も起こされています。

スマートフォンを使ったアプリケーションソフトを展開する事業者は、ソニーと同じ問題に直面する可能性があります。

パソコンの場合は、OSやアプリケーションソフトの提供者、パソコンメーカー、セキュリティソフトメーカー、企業などの顧客層が何重ものセキュリティ対策を行っており、一定の防御態勢が整備されています。
現在の防御態勢が構築されるまでに対策ノウハウの集積に長い時間を要しました。

スマートフォンの場合も同様に、それなりの時間を要することが予想されますので、上記防御システムを共同で構築することは大歓迎です。
早期実施が必要です。

スマートフォンがパソコンと同様にIT機器のプラットフォームになるためには、セキュリティ対策が不可欠です。

今後、スマートフォンは無線LANやWiMax方式の無線システムの中継基地の役割も期待されています。
インターネットは既に社会生活や企業活動のライフラインになっています。ネット端末としてのスマートフォンは、パソコンと共に重要な役割が期待されます。

早急なセキュリティシステムの確立・維持・強化が日常的に行わる仕組みの早期構築を期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

スマホは凄い 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/21 10:22)

PC・携帯電話の世界出荷台数 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/13 11:14)

消費者のデバイス利用状況 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/17 10:28)

シマンテックのノートン製品に不具合発生 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/02/23 10:25)

身近に迫る情報セキュリティ危機を認識していますか 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/11/15 10:08)