受給資格者創業支援助成金 シミュレーション 【1】 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受給資格者創業支援助成金 シミュレーション 【1】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 助成金
 【関連Q&A】 ''助成金について''

ProFileユーザーの方の中には、上のQ&Aの せきとさん のように 会社勤めを辞め失業給付を受けながら開業をお考えの方 もいらっしゃると思います。
そんな独立開業者の方にうってつけの助成金がこのQ&Aの中でも取り上げたいくつかある創業者向け助成金ラインナップのひとつ

  受給資格者創業支援助成金

です。  これからコラムで何回かにわたり、みなさんに同助成金の申請から受給までのポイントを具体的な実例をあげナビゲートしていきたいと思います。 お付き合いください。

ここでこの助成金受給のための中心的要件を整理しておきましょう。

【基本要件】

 (1) 会社勤めの [雇用保険加入] 期間が 5年 以上ある


 (2) 雇用保険の 「受給資格者」 である


 (3) 雇用保険に加入できる従業員を1名以上雇う



(1)は事業を始める方ご本人の過去の 雇用保険の加入歴 を問うもので、(2)は ''申請時の資格'' 要件、そして(3)はこれから始める事業における ''従業員'' の要件です。 

他にも細かい要件がたくさんありますが、まずはハローワークに通っている間に、この3つの要件を満たすことが確認できれば、後は手続き上のプロセス(タイミング)さえ誤らなければ高い確率で受給が可能となり、焦点はいかに 早期 かつ ''最大額の受給(*)'' を引き出すかになってきます。 

⇒ ⇒ ⇒ ''続きはコチラ''




◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆


Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所 / http://www.ysp-sharoshi.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム