スキンケアの必要性~洗顔~ - しつけ・身だしなみ全般 - 専門家プロファイル

中井 ちえか
株式会社フェアウィンド ビューティー事業部 責任者
兵庫県
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:しつけ・身だしなみ

本多 里江
本多 里江
(パーソナルスタイリスト)
中井 ちえか
(イメージコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スキンケアの必要性~洗顔~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. しつけ・身だしなみ
  3. しつけ・身だしなみ全般

お化粧をしているときは

しっかりクレンジング剤でメイクを落としてから洗顔をするのが基本ですよね。

日焼け止めクリームや下地、ファンデーションがお肌、毛穴に溜まってしまうとよくありませんし、

お化粧をしている間中、お肌はスムーズに呼吸ができません。

そのため、“洗顔”をします。

お化粧をしてない日も洗顔の必要ってあるの?と思う人もいるかと思いますが、洗顔は必要です。

日中、お部屋にいるだけであってもお肌は汚れていきます。

空気中の埃や雑菌がお肌にも付着しますし、分泌された皮脂などで、案外お肌は汚れてしまいます。

そのため、一日のお肌の汚れを落とす目的で入浴時などにしっかり洗顔をしましょう。

 

そこで注意したいことが、洗顔しすぎは逆によくないということです。

頻繁に洗顔をしてしまうと、お肌の皮脂を落としすぎてしまうのです。

お肌にはある程度の皮脂が必要だと言うことを知っていますか?

そのため、過剰な洗顔で皮脂が奪われてしまうと「皮脂を分泌しなきゃ!」お肌が皮脂を分泌するようになるのです。

そうすると、お肌のバランスが崩れて、脂性肌や混合肌になってしまったり、カサカサに乾燥した肌になってしまったりと、

肌トラブルへとつながっていくようです。

 

そのため、洗顔は朝と夜の1日2回が基本なのです。

 

 

 


そして、洗顔の基本を知ることによって、自分のお肌をキレイに保つことができます。

 

 

まず、冷水・熱湯は厳禁!

冷水を顔にかけることによって、毛穴がキュッと締まってしまい、毛穴の汚れまでを洗うことができなくなってしまうからです。

だからと言って、熱湯で顔を洗うのもよくないです。

一番いいのはぬるま湯です。

ちょうどいい、あったかい温度のぬるま湯を準備することが、効果的な洗顔方法の第一歩です。

ぬるま湯ではじめに顔を濡らすことによって、毛穴を開かせ、洗顔の際汚れを浮き出させて洗います。

また、皮脂を落とすにもぬるま湯が適しています。

すすぎも同様にぬるま湯でしっかりと洗顔料を落とすようにしましょう。

よく冷水をパッティングする人がいますが、それをやりたいのであれば、

ぬるま湯ですすぎ終わってから蛇口をひねって、冷水のパッティングをするようにしましょう。

 

そして、すすぎ残しのないように!

汚れがしっかり落ちるようにと、何10分も洗顔していたり、一度に2、3回洗顔している人もいるようです。

これらも、過度の洗顔になります。

洗顔に全精力を使うよりも、すすぎに力を入れてください。

 

洗顔は優しく優しくお肌を包むように軽く洗っていきます。

間違ってもゴシゴシと力を加えて洗ってはいけません。

そしてすぎは洗顔にかけた時間の2~3倍の時間をかけてすすぐようにしましょう。

すすぎ残しがあると、どんなに洗顔しても化粧水や美容液をつけても、お肌のトラブルを招いてしまいます。

すすぎを丁寧に行うことも効果的な洗顔方法のひとつなのです。

正しいスキンケアで美肌をキープして毎日を楽しみましょう♪

 


 

このコラムに類似したコラム

正しいお肌のホームケア・タイプ別スキンケアのコツ 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/08/05 16:05)

日常のケア~湿度と美容~ 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/07/09 10:51)

湿度と美容 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/07/06 16:48)

正しいお肌のホームケア・敏感肌のスキンケア 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/08/05 16:07)

時間の意識と美容 中井 ちえか - イメージコンサルタント(2011/07/15 13:28)