投資信託はなぜ広告宣伝が多いのか(NO2) - 法人資産運用・法人保険 - 専門家プロファイル

宮田 幸治
株式会社宮田IFA事務所 代表取締役
埼玉県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資信託はなぜ広告宣伝が多いのか(NO2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 法人資産運用・法人保険

私は次のように考えている。

ある投資信託(仮にA投信とする)は購入時において3%の手数料がかかる。これは販売した金融機関に差し引かれる手数料である。仮に1000万円購入したら、30万円が金融機関の手数料となり、残りの970万円から運用開始となる。この30万円が高いか安いのかは個々人で意見が違うとは思うが、最初に30万、3%を負担したことだけは確かであり、忘れてはならない。そして金融機関は30万円の売上が計上できたことになる。

(次回に続きます)

このコラムに類似したコラム

投資でやってはいけないこと(自分の資産を守るコツ) 宮田 幸治 - 経営コンサルタント(2011/05/21 19:05)

投資信託はなぜ広告宣伝が多いのか(NO3) 宮田 幸治 - 経営コンサルタント(2011/05/06 09:00)

日本経済ウオッチング(投資・資産運用を始める前に) 宮田 幸治 - 経営コンサルタント(2011/03/06 22:47)

投資信託の一つの考え方NO2 宮田 幸治 - 経営コンサルタント(2011/05/16 07:00)

投資信託の一つの考え方 宮田 幸治 - 経営コンサルタント(2011/05/09 06:00)