メディカル・サービス(以下 MS)法人の税務基本原則 - 病院施設の財務会計 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メディカル・サービス(以下 MS)法人の税務基本原則

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 病院施設の財務会計

おはようございます。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は、メディカル・サービス(以下 MS)法人の税務基本原則についてお伝えします。

(1)MS法人の概要と目的について
「診療と管理の分離」を指向し、単なる節税だけを目的としたものではなく、節税を手段として「よりよい医療」を指向した経営・税務の全般にわたる改善策を実現するためのトータルシステムです。

(2)MS法人の税務基本原則
1.第三者主義の原則

2.経済合理主義の原則
◇医薬品、診療材料の購買
第三者から購入する金額と乖離していないか。

◇リース取引
通常のリース会社からリースした場合の月額リース料額と乖離していないか。

◇請負業務
委託料は根拠をもっているか、費用負担が明確になっているか。

◇家賃収入
近隣の相場と乖離していないか。

税務調査時にMS法人と病医院の取引について問題となるケースが多いので上記の税務基本原則にそって取引をご検討頂くことをお勧めしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

医科における税務調査のポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/02/01 23:49)

院長のための「税務署の調査の対応ポイント」 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/12/23 21:24)

病医院とMS法人の業務請負契約について注意するポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/11/21 19:06)

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)