昇り降りし易いゆったりした階段 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

遠藤 浩
遠藤浩建築設計事務所 
埼玉県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昇り降りし易いゆったりした階段

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅 新築

写真のような階段を我々は、俗に“行ってこいの階段”と言います。

(CF.真直ぐな階段を“鉄砲階段”と言います。)

この行ってこいの階段の真ん中の手摺の部分は、ふつう一般的には、壁の厚さと同じ130~150mmあります。

壁と同じように柱を入れてボードで仕上げているのでその位の厚さになるわけてすが、そんなに厚いのでは、つかめません、手摺なのに・・・。

ウチでは、やはり手摺なのでつかめる厚さにしています。(厚さ60mm)

そうすることによって、階段の幅も45mmづつ広がるので、ゆったりしますし、厚ぼったくないスッキリした階段になります。

因みに、ウチで創る昇り降りし易い階段の踏面は240mm、蹴上(1段の高さ)は180~190mmにしています。

昇り降りし易い、ゆったりした階段になります。

 

遠藤浩建築設計事務所

このコラムに類似したコラム

セミナー「聞いてみよう!設計事務所の住まいづくり」 村上 春奈 - 建築家(2016/10/19 10:55)

シャッター工事 松永 隆文 - 建築家(2016/06/03 08:46)

真正面のアングル 松永 隆文 - 建築家(2016/06/01 10:10)

ボード張りが進行中です 松永 隆文 - 建築家(2016/04/25 16:33)