骨について考えてみよう! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

骨について考えてみよう!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

皆さま、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は骨について考えてみました。

骨には下記働きがあります。

・身体を支持する働き

・脳や内臓を保護する働き

・筋肉と連動して身体を動かすこと

・カルシウムの貯蔵や造血機能

 

骨にはいろんな形がありますが、

大腿骨などの長骨は中腔構造を持っているため、

体の重さに耐えることができるのです。

骨の形には意味があるのです。

 

身体を動かすためには、骨と骨を連結させる関節が必要になってきます。

手根骨のような平面関節、

上腕骨と尺骨つなぐ蝶番関節、

上腕骨と橈骨をつなぐ車軸関節、

肩関節のような球関節などがあります。

関節のタイプで動き方が変わってきます。

 

中でも可動するタイプの関節は、

関節をつくる骨端面が関節軟骨に覆われ、

軟骨に覆われた面を関節包が覆い、その内部に滑液があります。

この関節包は靭帯によって補強されています。

そして、この関節に腱~筋肉がつくことで、

身体を動かすことができるのです。

 

身体を動かそうと考えると、神経刺激が筋肉の筋原繊維に届き、

膜の興奮で骨のカルシウムが放出します。

このカルシウムが筋肉の収縮を生み出して身体が動きます。

 

こうした働きをしてくれる骨は毎日生まれ変わっています。

きちんと生まれ変わるためには身体をしっかり動かして、

骨を刺激してあげることが大切です。

 

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

脚力をアップしながら、猫背を予防するエクササイズ 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2013/09/28 16:12)

体幹トレーニングでベストスコア更新! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/30 22:37)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-股関節編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/20 15:00)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス編その2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/08 22:37)

青木真也はなぜクロン・グレイシーに一本負けをしたのか 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/26 08:00)