相続税の土地評価額の話 - 相続財産 - 専門家プロファイル

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 不動産鑑定士/フジ総合グループ代表
東京都
不動産コンサルタント
03-3350-1061
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の土地評価額の話

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続財産
相続税還付の現場では…

「相続税法」によると、ごく一部の財産を除き、財産の価額は「時価」によるものとなっていますが、実は、不動産における「時価」の定義を明確に記した法令等はありません。

様々な判例・裁決等に目を通す限り、将来的には、不動産の「時価」が「鑑定評価額」であると明文化された法令も増えていくものとは考えられますが、その「鑑定評価額」を算出するためには、「不動産鑑定評価基準」というものに則った評価を行う必要があり、それは法律上「不動産鑑定士」以外が行うことはできないことになっています。ですから、事実上、相続税の申告作業をする納税者や税理士が客観的な「時価」にて不動産評価を算出することはできません。

そのため、相続税の不動産評価は、実務上「財産評価基本通達」に定められた評価方法に則り行うことになります。

その「財産評価基本通達」に記載された評価方法は、あくまで納税目的のための評価方法に過ぎません。ですから、ごく一般的な土地を想定した画一的な評価方法となってしまうため、特殊な土地等については、不動産鑑定士による「不動産鑑定評価額」を使うことで大幅な評価減が見込めるケースがあるのです。

また、「広大地評価」のような減額特例の適用が微妙な土地については、不動産鑑定士による「評価意見書」が有効となるケースもあります。

 

以前、本コラムの「不動産鑑定士がいるという強み」の中にも書きましたが、税理士が知らない減価要因や、適用基準の判定が難しい減価要因がある場合において、不動産評価の専門である不動産鑑定士がチェックし、アドバイスできるということは、ある意味「最強」の相乗効果を生む可能性がある訳です。

実際に、安易な「広大地評価」の適用が危険だと悟った一部の税理士さん達も、相続税申告作業にあたり、不動産鑑定士の「評価意見書」を添付するケースも、たまに見受けられるようになりました。

では、これらのケースにおいて、相続税の申告業務は完璧にできているかと言うと、それがそうでもありません。

なぜなら、多くの税理士が不動産に強くないのと同様に、多くの不動産鑑定士も「相続税」に精通している訳ではないからです。最初にご説明した通り、相続税の不動産評価方法は、あくまでも実務上の納税額算出を目的に考えられた便宜的な評価方法であるため、不動産評価の専門家である不動産鑑定士は通常、使わない評価方法です。膨大な情報量を抱える「財産評価基本通達」を完璧に読みこなしている不動産鑑定士もほとんどいないのが実状ではないでしょうか。

また、すべての土地に関して「財産評価基本通達」で評価した方が納税者に有利なのか、「不動産鑑定評価額」の方が有利なのかをわざわざ試算するなんて、まず行わないと思われますので、結局は、税理士が個別に判断して依頼した不動産にのみ、不動産鑑定士が関与しているケースがほとんどです。

 

ただ単に資格を持っているというだけではなく、それぞれの専門家が自分の専門分野の垣根を超えた分野にまで踏み込んで、日々研究・勉強していくということも、互いの力を最大に発揮するための重要な要素だと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産コンサルタント)
フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 不動産鑑定士/フジ総合グループ代表

「頼まれ事は試され事!」の精神でお客様に満足を与えたい。

IT化社会の進展により、人と人との繋がりが、年々薄まってきている印象を受けます。しかし、こんな時代だからこそ、機械的に仕事を行うのではなく、人間力を養い、何でもお客様の立場に立って考え、お客様目線で問題を解決していきたいと思います。

03-3350-1061
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「相続税還付の現場では…」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

「相続税評価額」に関するまとめ

  • 相続する不動産の評価額はどう決まるか知っていますか?相続税評価額を知るための基礎知識をまとめました。

    お金や株式とは異なり不動産の時価を決めるのは難しいため、不動産の相続税評価額について悩まされている方や提示された相続税評価額を不審に思っている方は沢山いらっしゃると思います。 相続税評価額を決定する方法や税理士、不動産鑑定士によって算出される評価額が違ってくる仕組みなどを知れば対応策を考えることが出来ますね。 専門家プロファイルでは相続税評価に強い専門家の意見やアドバイスをコラムやQ&Aで知ることが出来ます。不動産の相続税評価額に関する基礎知識を見に付けて問題を解決しましょう。

このコラムに類似したコラム

広大地評価 ~その2.広大地評価の性質~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/03/18 15:00)

広大地評価 ~その1. 広大地評価とは?~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/03/11 11:10)

寄与分の確定方法 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 09:03)

結婚にまつわる節税その4~「小規模宅地等の減額」(2) 高原 誠 - 税理士(2011/08/28 17:16)

無道路地評価・その2~不動産鑑定士はこう評価する~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/06/03 11:48)