「成長するな」という禁止令に気づこう - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「成長するな」という禁止令に気づこう

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

目の前で起きている人間関係や人生に関わる問題は、多くの場合潜在意識の中にその問題の根っこがあります。

ジェームス・アレン著 原因と結果の法則によれば、私たちが手にしている人生という果実は、心を耕し、どれだけ栄養を与えたかによって決まるものです。

子供時代に受けた虐待や、親の不仲という問題は本人も嫌な気持ちが明確にするので覚えていることが多いですし、それが現在の恋愛や人間関係に影響しているというのは、想像しやすいのですが、

最も気づきにくい「生育歴の影響」のひとつが、親や周りから受けた「成長するな」という指令です。

たとえば、親が何でも先回りして、世話をしてしまう。
危険なことはやらせない。
失敗させないように、親が苦心して段取りをする。

一見優しくて、愛情もあり、虐待とは無縁ですが、
残念ながら子供に対して「あなたは成長しなくていい」という無意識のメッセージを送っていることになります。

確かに、こうした家庭で育った子どもは、嫌なことを経験せずに育つことが出来ます。
しかし、世の中に出たら、もはや、親に守ってもらうことが出来ません。そうなっても、自分で自分を守り、きちんと家族を運営して生きていくことができるのか。そこまで考えたときに、このような過保護な親の教育方針には疑問を抱かざるを得ません。

交流分析の用語で言うと、これは、「成長するな」という「禁止令」にあたります。
過保護にして、子供を成長させず、いつまでも親の庇護の元に置こうとすることは、子供の人生に大きなマイナスをもたらすものなのです。

昔の人は「かわいい子には旅をさせよ」と言いました。かわいい子だからこそ、自分一人で生きていけるように、旅(昔の旅なので、困難がつきものでした。つまり、頑張る経験)をさせよと言ったのです。


チャレンジ、
頑張る経験、
多少失敗しても、自力ではい上がる経験、
親は見守るだけで、あとは自分の責任で行動する経験、
この世の中で、自分一人でなんとかやっていく経験。

こういった経験を十分にさせてもらえなかったとしたら、それはどこかで「成長するな」という禁止令を受け取っていたのかもしれません。

今さら親を恨んでも仕方ないですから、自分でひとつひとつ、自分を成長させるためのチャレンジを積み重ねて頑張っていくしかないのです。


何の問題もない家庭で育ったのに、今の人生がうまく行っていない。恋愛や結婚がうまく行っていないと感じるあなたへ。あなたの中に「成長するな」という禁止令が入り込んでいないかどうか、一度よく考えてみてください。

「心理学に関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

見守る愛が足りないケースとその対処法2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/06/24 21:00)

遊びの恋と本気の恋の見分け方3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/12/23 14:00)

夫が妻に「口うるさい」と感じる本当の理由とは? 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/04/24 21:00)

まずは、彼女を本気で喜ばせよう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/01/16 21:00)

「違う意見を尊重しよう」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/06/23 18:00)