東証が住宅価格指数を公表開始 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東証が住宅価格指数を公表開始

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

昨日、東京証券取引所は住宅価動向の新たな指標として、
中古マンションの価格水準の動向を示す”東証住宅価格指数”の公表を
試験的にスタートさせました。

これは、首都圏の中古マンションの値動きを示す指数で、
(財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)に登録の成約情報を基に
独自に算出される、国内初の指数になります。
不動産価格の動向を示す一つの指標になり、特にJリート等の
不動産投資市場の活性化などが期待されれています。

具体的には、約46万件の過去の不動産取引データをもとにし、
2000年1月を(指数)100の設定で計算されます。
1993年以降のデータが公表され、毎月更新されていきます。
また、同じ物件が複数回売買された場合の価格変化も指数化され、
東京、神奈川、千葉、埼玉それぞれの指数と、この4都県を合計した
指数の、合計5つの指数が公表されることになります。

今回、直近データとして2月の指数が公表されました。

東証住宅価格指数
・既存マンション・首都圏総合 → 83.36
・東京                → 87.59
・神奈川              → 82.37
・千葉                → 73.43
・埼玉                → 71.69


また、全データを見ると、
90年代のバブル経済崩壊以降は下落の一途となり、
2006年1月に79.51で底をつきました。
その後は、リーマン前のミニバブルで再び上昇に転じ、
2007年9月~2008年3月頃に88ポイント程度でピークを迎え、
その後再び底をついて以降は、極めて横ばいに近い曲線を描きながら、
なだらかな上昇局面に入っている様子です。

東証住宅価格指数は、実際の売買データをもとに算出されますので、
過去のマーケットを分析する上では、大変正確性の高い指数と言えます。
もちろん、今後の動向を占う上でも、非常に有効な指数となります。

私も今後、毎月公表されるデータを、
ここで皆さんにお知らせしたいと考えております

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

横浜市の中古マンション価格動向 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/02/02 09:00)

2010年度”新築マンション市場”結果 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/01/21 09:00)

不動産の売却について 西原 雄二 - 不動産業(2011/11/06 15:00)

神奈川県の新築戸建住宅が好調 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/07/15 08:43)

日本にマンションは何戸あるの? 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/02/23 09:00)