自己完結型ITプロフェッショナルが求められる時代 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己完結型ITプロフェッショナルが求められる時代

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT人材育成についてのお話です。

SEやPMなどITプロフェッショナルの人材育成に悩んでいるITベンダーが多く、その手のご相談も多い。

特に最近は、これからの時代を担うPMやSEの付加価値を高めたいという傾向が強い。

今まで、PMは既に決まったプロジェクト案件のマネジメントをしたり、提案フェーズの見積もりから参画したりというパターンが多く、SEはテクニカル志向でとにかくテクニカルスキルを磨くパターンが多かった。

さらなる上流工程は、コンサルタントやアーキテクト、時には営業担当者が中心となって、顧客の課題解決のための議論や提案ストーリー作成といった部分を担ってきた。

ある意味PMやSEは待ちの姿勢が強かったわけであるが、これからの時代を担う全てのITプロフェッショナルは、自己完結型であることが重要であると思う。

自己完結型。つまり顧客の課題解決のための案件発掘の段階から、提案、プロジェクトデリバリーまでを自己完結させる。

自分が参画するプロジェクトフェーズや役割は部分的なことになることが多いかもしれないが、自己完結型の意識を高めることで、広い視野を持ちながら自ら動く姿勢を高めていくことになる。

ITビジネスは人材が命。ITプロフェッショナルに対する投資の考え方が、これからのITベンダー各社の業績を大きく左右する時代になるでしょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)

このコラムに類似したコラム

お客様が求めているIT人材とは 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/09/12 09:11)

プロジェクトを通じての人材育成 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/09/05 16:26)

IT人材育成の現場に携わっていて感じること 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/08/25 11:06)

IT人材に求められる自分プロデュース力の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/06/16 16:29)

ユーザー企業のIT人材に求められるスキル 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/06/02 08:08)