神奈川県の新築マンション販売が好調 - マンション売買 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

神奈川県の新築マンション販売が好調

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. マンション売買

不動産経済研究所が、首都圏における3月の
新築マンション市場動向データを発表しました。

3月の首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)における
初月契約率は、79.7%となり、前年比で3.1%
ダウンにはなりますが、上々の結果となりました。

初月契約率とは、新規販売住戸が、発売された月に契約に至った
戸数の割合を示しています。
市場の見方としては、70%以上だと販売が好調だとしています。

しかし、今回のデータを分析すると、
特に神奈川県の販売状況が際立って好調なことがわかります。

契約率ベースで比較すると以下の通りです。
(数値は前年比)
・首都圏 →  △3.1%
・都区部 → △10.7%
・都下   →  △8.0%
・埼玉県 →  △2.1%
・千葉県 →  +5.5%
・神奈川県 → +7.0%


見ていただく通り、特に都区部は10%以上のダウンとなっていますが、
神奈川県や千葉県の契約率は大幅に伸びています。
ちなみに、神奈川県内の3月の契約率は85.2%となり、
かなり物件の動きが良いことがわかります。

実は、昨年夏期以来、神奈川県の不動産の動きは
とても活況を帯びていると言える状況が続いています。
この1年弱の間は、全国平均を常に上回っていて、
現場の仲介業務担当者の話を聞いても、お客様の出足は、
おそらく他県では考えられないほどだと言っています。

確かに、神奈川県の中心地となる横浜市、川崎市の人口は
年々増加の傾向にあり、港北ニュータウンをはじめとする
都市計画等が着々と進んでいます。

実際、横浜市北部に新たに開業した地下鉄グリーンラインでは、
乗降客数は当初の予想を大きく越えるペースで伸びているそうです。


横浜は、都心からのアクセスも良く、
都内と比較すると物件価格もかなリーズナブルです。

是非この機会に、
横浜へのお住換えをお考えになってみてはいかがでしょう

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

5月 神奈川県マンション市場動向 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/06/20 11:20)

神奈川県の新築住宅販売が好調! 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2010/11/22 09:00)

神奈川県の新築戸建住宅が好調 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/07/15 08:43)

首都圏の超高層マンション開発計画 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/05/17 13:53)

神奈川県の人口と住宅供給 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/03/02 09:00)